人材紹介会社の収益を拡大するメディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
事業運営
事業運営

人材紹介会社の立ち上げをするなら、考えておくべきコストの全て

2018/03/30
人材紹介会社の立ち上げ時に必要になるコストについてまとめています。免許申請費〜求人獲得にかかる費用、集客費用などのコストを具体的に解説している記事です。

人材紹介会社の立ち上げを考えていると、「いくらくらいのコストがかかるのか」という立ち上げ時のコストについて疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

本記事ではそんな方向けに、事業運営の際にどれくらいのコストがかかるのかという観点から、人材紹介事業を運営する際に必要なコストのすべてを明らかにしたいと思います。

 

立ち上げフェーズ

人材紹介 立ち上げ

免許申請前 500万円(準備金)

これから人材紹介会社を立ち上げる際に、まず必要になるコストが資本金500万円です。有料職業紹介事業は国の許認可事業であり、免許がないと事業運営はできません。この免許取得のために財産的要件をクリアする必要があります。

銀行借り入れは負債とみなされるため、できるだけ自己資金で集める必要があるため、支出があるわけではありませんが、財産的な最初のハードルとして記載しておきます。

 

法人登記手続き費用 10-15万円

これに加えて必要になるのが、会社登記費用です。こちらは、自身で登記をするのか、法人登記を代行する業者に依頼するのかによっても価格が変わってきますが、だいたい15万円の支出があると覚悟しましょう。

 

免許申請費用 15万円

そして、免許の申請自体にも費用がかかります。
必須で必要になる費用は下記の通りです。

  • 責任者講習会受講料 約1万円
  • 印紙費用 5万円
  • 登録免許税 9万円

さらにこれに加えて、免許申請を代行業者に頼む場合には、追加で15万円〜20万円の費用がかかりますので、注意しましょう。

 

オフィス賃料 50-100万円

人材紹介 オフィス賃料

続いて気になるところがオフィス賃料だと思います。免許を取得するためには、厚生労働省が定めるオフィスに関する要件があり、そちらを満たしている物件を選定する必要があります。

もちろん場所によって大きく価格は変動しますが、いくつか例を挙げてイメージしてみます。

■渋谷区 

①SOHO 物件の場合

賃料=13万円〜15万円/月
敷金=39万円〜45万円(家賃3ヶ月分)
合計=約50万円

②事業専用物件の場合

賃料=20万円〜
敷金=80-100万円(4-5か月分)
合計=約100万円

今回は渋谷を例にとって見ましたが、再開発中ということもあり家賃が高い地域であることも事実です。実際に千代田区周辺に小規模の人材紹介会社が多くあり、千代田区は渋谷区と比較すると約7割ぐらいの賃料/初期費用で済みます。

予算や求職者の集客ターゲットなどを鑑みて、選定するといいでしょう。

 

事業運営フェーズ

人材紹介免許 事業運営

会社を設立して、いよいよ事業運営が開始できる状態になった際に、必要になる費用は下記の通りです。

 

求職者集客費用 固定費10-20万円+最低約30万円/入社決定1名あたり


超売り手市場と言われるほど、求職者不足の人材業界なので、多くの企業が求職者の集客に最もコストをかけています。人の転職を支援する事業なのですが、 メーカーの事業ドメインで例えると、「仕入れ」に当たるのがこの求職者の集客です。

しかし人材紹介事業を始める際には、自社で集客する資産やノウハウがない企業がほとんどです。そこで、多くの企業は大手転職サイトのスカウトサービスや転職エージェント向けの求人掲載サービスを利用します。この集客サービス利用料に多くのコストがかかります。

使用する媒体によって費用は大きく変わりますが、平均すると下記のような費用です。

月額費用=10万円〜20万円/月
成果報酬金額=売上の20%〜30%
 (例)年収300万円×30%×30%=27万円

合計=約60万円 (月1名入社実績の場合)

1転職サイトのスカウトサービスを使う際の費用がこちらになりますので、 複数の転職サイトを使い分ける際には、+αで月額使用がかかります。決して安くはない金額かかりますが、求職者を集客できなくては事業にならないので、泣く泣く高いコストを支払う会社が多いです。

 

求人獲得費用 

求人獲得の際にかかる費用としては、営業社員を雇用する”人件費”です。しかし上記の求職者集客費用と同様に、人件費という項目は下記にて別途下記にて試算しようと思いますので、下記には計算しません。つまり求人獲得の営業活動にかかる人件費以外の費用です。

想定費用としては下記の通りです。

■リード獲得費用
-広告費
-テレアポ代行費用
-リスト作成費用

しかしこちらに関しては求人獲得数に応じて変化する費用であり、獲得数が多い売上に関わるインパクトは大きいとは言えないので、金額は敢えて記載しません。各会社の営業スタイルによって、算出してみてください。

 

人件費

人材紹介 人件費

人材紹介ビジネスにおいて最もコスト割合が大きいところは、やはり人件費です。想定される職種は下記になりますが、社会保険などの費用も考えると、最低でも30万円〜40万円/1人あたりの費用はかかる想定をしておきましょう。

  • CA(キャリアアドバイザー 面談担当)
  • RA(法人営業担当)
  • その他バックオフィス担当

 

まとめ

基本的には人材がいれば成り立つビジネスなので、他業界の事業と比較すると、大きな初期投資は必要ない事業で、利益率は高い事業だといえます。

しかし、昨今では、求職者の集客や求人の獲得をサポートするサービスも増加してきており、そちらを利用した場合、事業運営コストの削減や事業縮小時のリスク削減などのメリットがあり、創業者1名で事業を運営し続ける会社も少なくありません。

事業運営し始めてから、想定外のコストがかかってしまう事がないように、こちらの記事にコストを網羅しました。今回記載したような支援サービスのコストも見越した上で、事業運営の準備してみてください。

 

免許申請がまだの方はこちらも合わせてご参照ください。
申請要件を満たしているかの簡単診断、そして免許申請書類の作成も簡単にできます。詳細は下記バナーよりご確認くださいー!
レッツ人材紹介

今すぐメルマガを登録する
人材紹介会社の非公開ノウハウ情報など随時配信中!
事業運営
事業立ち上げ
紹介会社がIT導入補助金で外部サービスを格安で使う方法
人材紹介事業でもIT導入補助金を利用し、格安で求人データベースサービスなどの外部サービスを利用できることをご存知でしょうか。本記事では、紹介会社様向けにIT導入補助金について解説している記事です。
事業立ち上げ
紹介会社がIT導入補助金で外部サービスを格安で使う方法
人材紹介事業でもIT導入補助金を利用し、格安で求人データベースサービスなどの外部サービスを利用できることをご存知でしょうか。本記事では、紹介会社様向けにIT導入補助金について解説している記事です。
事業運営
発想の転換でブルーオーシャンを狙う!サーチ型人材紹介とは
人材紹介には大きく分けると2つの登録型とサーチ型というスキームがあります。本記事ではブルーオーシャンで戦える可能性がある「サーチ型」の人材紹介について解説しています。
事業運営
発想の転換でブルーオーシャンを狙う!サーチ型人材紹介とは
人材紹介には大きく分けると2つの登録型とサーチ型というスキームがあります。本記事ではブルーオーシャンで戦える可能性がある「サーチ型」の人材紹介について解説しています。
ノウハウ
【最新版】求職者の集客に苦戦していませんか?人材紹介の求職者集客方法まとめ
超売り手市場の中、求職者集客で苦労している人材紹介事業者も多いのではないでしょうか。本記事では、そんな事業者の方々にとって、新しい集客ルートの参考になりますよう、最新の集客事例をまとめています。
ノウハウ
【最新版】求職者の集客に苦戦していませんか?人材紹介の求職者集客方法まとめ
超売り手市場の中、求職者集客で苦労している人材紹介事業者も多いのではないでしょうか。本記事では、そんな事業者の方々にとって、新しい集客ルートの参考になりますよう、最新の集客事例をまとめています。
事業運営
【最新版】人材紹介って儲かるの?売上やコストについて徹底解説
「人材紹介事業を立ち上げる企業が増えているけど、実際儲かるの?」という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、人材紹介事業未経験の方向けに、売上やコストについて解説しています。
事業運営
【最新版】人材紹介って儲かるの?売上やコストについて徹底解説
「人材紹介事業を立ち上げる企業が増えているけど、実際儲かるの?」という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、人材紹介事業未経験の方向けに、売上やコストについて解説しています。
事業戦略
法律改正により人材紹介会社の実績が丸裸に?実績で選ばれる時代の到来
2018年1月から施行された法律改正により、人材紹介事業者が報告しなければいけない情報が増えました。それに伴い、求職者や求人企業がweb上で取得できる情報も増えたので、この改正によって考えられる未来について本記事にて解説しています。
事業戦略
法律改正により人材紹介会社の実績が丸裸に?実績で選ばれる時代の到来
2018年1月から施行された法律改正により、人材紹介事業者が報告しなければいけない情報が増えました。それに伴い、求職者や求人企業がweb上で取得できる情報も増えたので、この改正によって考えられる未来について本記事にて解説しています。
事業戦略
【最新版】人材紹介事業のオフィス選定で抑えておくべきポイント
人材紹介の許認可取得時するのに、必要なオフィスの要件について解説しています。2017年の4月からオフィス要件緩和されており、そちらの最新の情報を掲載しています。
事業戦略
【最新版】人材紹介事業のオフィス選定で抑えておくべきポイント
人材紹介の許認可取得時するのに、必要なオフィスの要件について解説しています。2017年の4月からオフィス要件緩和されており、そちらの最新の情報を掲載しています。
事業運営
人材紹介事業者が業務委託契約でエージェントを雇う行為の違法性とは
人材紹介事業者が業務委託契約でエージェントを雇用する会社が増えているようです。その場合の違法性について、考察している記事です。
事業運営
人材紹介事業者が業務委託契約でエージェントを雇う行為の違法性とは
人材紹介事業者が業務委託契約でエージェントを雇用する会社が増えているようです。その場合の違法性について、考察している記事です。
事業運営
人材紹介会社の立ち上げをするなら、考えておくべきコストの全て
人材紹介会社の立ち上げ時に必要になるコストについてまとめています。免許申請費〜求人獲得にかかる費用、集客費用などのコストを具体的に解説している記事です。
事業運営
人材紹介会社の立ち上げをするなら、考えておくべきコストの全て
人材紹介会社の立ち上げ時に必要になるコストについてまとめています。免許申請費〜求人獲得にかかる費用、集客費用などのコストを具体的に解説している記事です。
事業運営
人材紹介事業者必見!”職業安定法”改正 完全ガイド2018
2018年1月に職業安定法の改正版が施行された職業安定法について、人材紹介事業者が対応しなければいけない項目について解説している記事です。報告義務についての追加や変更についてまとめています。
事業運営
人材紹介事業者必見!”職業安定法”改正 完全ガイド2018
2018年1月に職業安定法の改正版が施行された職業安定法について、人材紹介事業者が対応しなければいけない項目について解説している記事です。報告義務についての追加や変更についてまとめています。
事業運営
【最新版】人材紹介と人材派遣の違いについて徹底解説
人材派遣事業と人材紹介事業について比較した記事です。事業のスタートのしやすさ、経営の安定感、利益率の3つの観点で比較しています。
事業運営
【最新版】人材紹介と人材派遣の違いについて徹底解説
人材派遣事業と人材紹介事業について比較した記事です。事業のスタートのしやすさ、経営の安定感、利益率の3つの観点で比較しています。
今すぐメルマガを登録する
人材紹介会社の非公開ノウハウ情報など随時配信中!