人材紹介会社の収益を拡大するメディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
事業立ち上げ
事業立ち上げ

【2019年最新版】人材紹介の管理ツール選定のポイント!各ツール比較も

2018/11/01
人材紹介の事業運営において重要なツールである「業務管理ツール」。本記事では、管理ツールの導入検討やサービス比較をしたい方々向けに、「管理ツールとは?」という部分から導入のメリットデメリット、そして各サービス比較について書いている記事です。

人材紹介事業をこれから運営していく方々、もしくは立ち上げフェーズの人材紹介事業者のみなさま。人材紹介事業を運営していくにあたって、管理ツールの導入が必要かどうか迷われているのではないでしょうか。もしくは、管理ツールの導入は決められているが、どのツールが良いのか分からないというお悩みをお持ちの企業様も多いと伺います。

本記事では、そんな方々向けに、今まで100社以上の立ち上げ紹介事業者をサポートしてきた筆者が、人材紹介の管理ツールとは?という部分から、導入のメリット、各管理ツールの特徴やメリットデメリットなどの最新情報をまとめています。

 

人材紹介管理ツール(システム)とは?

人材紹介管理ツールとは

人材紹介管理ツールとは、人材紹介事業における情報の管理をより円滑に行い、求人企業や求職者に向けた対応の漏れをなくすためのツールです。初期は、紙やエクセルを使って管理する企業もありますが、事業運営期間が増えれば増えるほど、業務管理に課題を感じて導入を検討する企業が多いです。

しかし、事業運営開始後に時間が経過してから導入すると、「導入しても定着しない」「業務フロー自体を管理ツールに合わせなければいけない」という問題が発生するので、結局は導入する企業がほとんどだというところを勘案すると、事業開始後出来るだけ早いタイミングで導入をしておくのがおすすめです。

 

導入のメリット

導入のメリット

導入のメリットは、やはり管理にかかる工数(時間)を削減できることが挙げられます。求職者と求人企業の情報は毎月どんどん増えていきます。それぞれ大量に積み重なっていくデータを「分析による改善」や「後追いや掘り起こし」に使える状態で情報を管理していくことは決して容易ではありません。しかし情報は、ただ蓄積しておくだけでは意味を成しません。その情報をもとに、業務改善を行ったり、見込み求職者や企業の掘り起こしを行って初めて、売上にインパクトを残すような価値があります。その情報の整理や管理を、人材紹介事業に最適化した管理ツールが、人材紹介管理ツール(システム)なのです。

その他にも、複数名で運営する場合のメンバー間での情報共有や、マネジメント層によるメンバーの目標予実管理にも活かすことができます。こういったメリットを総合的に享受できるため、早い段階で導入し、社内での管理体制を作っていくことは事業運営上、とても重要です。

 

導入のデメリット

導入のデメリット

もちろんデメリットもあります。それは毎月のツール利用料です。人材紹介事業は初期投資が必要ないビジネスと言われますが、求職者集客費用などコスト(支出)は想像以上にかかってしまうのが現実です。また、内定から入社にはリードタイムがあるため、資金繰りも容易ではありません。つまり、毎月の固定費は出来るだけ抑えたい事業者が多いのです。

ただ管理ツールの有用性は上記のメリットの段落で挙げた通り、計り知れないものがあります。費用対効果も計算し、価格も重要な判断要素として上で、管理ツールを検討し、早めに導入しておくと良いでしょう。

 

導入のポイント

導入のポイント

では導入の際には、どのようなポイントを重視して、管理ツールを選択すれば良いのでしょうか。まずはやはりツールの使いやすさです。「使いやすさ」という要素の中には様々な要因がありますが、まずは、人材紹介に特化したツールかどうかは重要視した方が良いでしょう。人材派遣と兼用の管理ツールも多数ありますが、人材派遣と人材紹介は同じ人材ビジネスでも全く違うビジネスモデルです。つまり管理に必要な要素も全く異なります。まずは人材紹介に特化したツールから比較検討するようにしましょう。

そして、次に操作性です。よくあるのが、たくさん機能があり、カスタマイズもできるツールだが、操作が難しかったり、分かりづらいため使いこなせず、社内に浸透せずに放置されてしまうパターンです。管理することによる価値を享受するために、必要な項目はそれほど多くはありません。必要最低限で十分なのです。

 

 代表的な人材紹介向け管理ツールの紹介と比較

 

人材紹介に特化した管理ツールであり、本当に必要な機能を絞り、シンプルで使いやすいツールを選択するようにしましょう。あとは価格とのバランスで選択すると良いでしょう。

各ツールを紹介していきます。

 

HRBCエージェント

HRBCエージェントは、人材紹介で初の専門誌でもある『ポーターズマガジン』という業界誌を提供しているポーターズが運営する、人材紹介特化型の業務管理システムです。業界シェアNo.1と言われており、導入社数は1000社を超えているとのことです。

安定した実績だけでなく、価格帯も初期費用なしで12,500円〜提供しており、業界の中でも最安値の水準です。多数の導入実績と比較的安価な価格設定が大きな魅力と言えるでしょう。

利用者からの評判としては、安定した機能やサポートがあるとの評判が多いですが、昔から提供している分、「サービス画面が昔ながらのデザインだった」との声もありました。より直感的な操作や画面の見やすさという観点で見ると、少し課題があるのかもしれません。ただ昔から慣れ親しんでいるデザインで安心感を持って利用したいという企業様にはおすすめです。

 

マッチングッド

マッチングッドは10年以上の人材ビジネスの管理ツールを提供しづつけている会社です。派遣システムも提供していますが、人材紹介に特化した管理システムを提供しており、こちらも導入社数は600社を超えているとのことです。

こちらは、月額17500円からサービス提供しており、ポーターズのHRビジネスクラウドよりは少し値段が高くなってしまいます。しかし、サービス画面は比較的新しいデザインを採用しており、「より直感的に利用できる」という評判もありました。

また各社に業務フローに合わせて、カスタマイズもオプションで行なっているとのことですので、より自社に最適化されたシステムを導入したい事業を運営して数年が経過しているような中堅企業様におすすめです。

 

キャリアプラス2

キャリアプラス2は、ネット系ベンチャーとして有名な株式会社じげんの子会社である株式会社ブレイン・ラボが提供しているサービスです。2003年からキャリアプラスを提供しており、2013年に現在のキャリアプラス2をリリースしました。導入社数はこちらも1000社を超えているとのことで、急速に導入社数を伸ばしているようです。

また、親会社がWeb系に強みを持つ上場会社ということもあり、開発力に強みを持っています。サービスでも最新のデザインを採用しており、こちらの3社の中でももっとも直感的に利用することができるサービスでしょう。

料金はweb上では非公開とのことですので、上記サービスページより直接問い合わせてみてください。

SARDINEクラウド業務管理

SARDINEクラウド業務管理は、こちらの人材紹介マガジンを運営している株式会社SCOUTERが提供している業務管理ツールです。

20191月からの提供開始で最も新しい業務管理ツールですが、導入社数は増加傾向にあります。

利用料金は、完全無料で導入負担なくお使いいただける業界初の業務管理ツールです。また、人材紹介会社様を100社以上支援してきた実績から、必要な機能、使いやすさを極限まで考えて設計されています。

まとめ

他にもいくつか小規模で運営している紹介会社特化の管理システムもあるようですが、多くの企業がこの3社から比較検討して導入を決定しているようです。しかし、どちらのサービスも月額1アカウント毎に2万円程度の費用がかかり、社員が増えるほど増えるほど、その課金額が大きくなっていく料金体系が基本的です。最初は軽い気持ちで導入してみたものの、社員が増えるたびに毎月の固定費は増加し、コストが大きくなってしまったという声もよく聞くので、事前に理解した上で導入するようにしましょう。

とはいえ、業務管理ツールを導入しなければ競合他者との競争で戦っていけないような市場になってきているのも事実です。人材紹介会社は毎月爆発的に増加しており、その競争は激しくなるばかりです。単純な作業にかかる時間を出来るだけ削減し、求職者に本質的な価値提供のための時間を最大化していかなければ、生き残っていくのが難しいからです。

ぜひこの機会に価格やサービス機能を比較して、自社にあった最適なサービスの導入を検討してみてください。

今すぐメルマガを登録する
人材紹介会社の非公開ノウハウ情報など随時配信中!
事業立ち上げ
事業立ち上げ
立ち上げたばかりの人材紹介事業…売上が伸びない?
時代が変わり、誰でも簡単に収益化できるビジネスではなくなってしまった人材紹介事業。本記事では、人材紹介事業をうまく立ち上げるためのたった2つの方法についてまとめています。
事業立ち上げ
立ち上げたばかりの人材紹介事業…売上が伸びない?
時代が変わり、誰でも簡単に収益化できるビジネスではなくなってしまった人材紹介事業。本記事では、人材紹介事業をうまく立ち上げるためのたった2つの方法についてまとめています。
事業立ち上げ
【2019年最新版】人材紹介の管理ツール選定のポイント!各ツール比較も
人材紹介の事業運営において重要なツールである「業務管理ツール」。本記事では、管理ツールの導入検討やサービス比較をしたい方々向けに、「管理ツールとは?」という部分から導入のメリットデメリット、そして各サービス比較について書いている記事です。
事業立ち上げ
【2019年最新版】人材紹介の管理ツール選定のポイント!各ツール比較も
人材紹介の事業運営において重要なツールである「業務管理ツール」。本記事では、管理ツールの導入検討やサービス比較をしたい方々向けに、「管理ツールとは?」という部分から導入のメリットデメリット、そして各サービス比較について書いている記事です。
事業立ち上げ
紹介会社がIT導入補助金で外部サービスを格安で使う方法
人材紹介事業でもIT導入補助金を利用し、格安で求人データベースサービスなどの外部サービスを利用できることをご存知でしょうか。本記事では、紹介会社様向けにIT導入補助金について解説している記事です。
事業立ち上げ
紹介会社がIT導入補助金で外部サービスを格安で使う方法
人材紹介事業でもIT導入補助金を利用し、格安で求人データベースサービスなどの外部サービスを利用できることをご存知でしょうか。本記事では、紹介会社様向けにIT導入補助金について解説している記事です。
事業立ち上げ
人材紹介で年商1000万円に必要な行動量を分解してみた
人材紹介事業を立ち上げる際に、具体的な行動量までイメージができていますか?本記事では、各フェーズでの業界平均値を元に、必要な行動量と数値推移を可視化しています。これから紹介事業を運営する方々は必見です。
事業立ち上げ
人材紹介で年商1000万円に必要な行動量を分解してみた
人材紹介事業を立ち上げる際に、具体的な行動量までイメージができていますか?本記事では、各フェーズでの業界平均値を元に、必要な行動量と数値推移を可視化しています。これから紹介事業を運営する方々は必見です。
コラム
小規模エージェントが大手人材紹介会社と対等に戦う方法
小規模エージェントは大手企業とどのように戦っていけば良いのでしょうか。本記事では、大手企業との違いをあげた上で、対等に戦っていくための方法について解説している記事です。
コラム
小規模エージェントが大手人材紹介会社と対等に戦う方法
小規模エージェントは大手企業とどのように戦っていけば良いのでしょうか。本記事では、大手企業との違いをあげた上で、対等に戦っていくための方法について解説している記事です。
事業立ち上げ
人材紹介会社の起業時に会社HPは必要なのか
人材紹介会社の立ち上げ時に、会社HPは必要なのでしょうか。人材紹介会社を立ち上げている方、立ち上げを考えている方向けの、HP作成のメリットデメリットについて解説している記事です。
事業立ち上げ
人材紹介会社の起業時に会社HPは必要なのか
人材紹介会社の立ち上げ時に、会社HPは必要なのでしょうか。人材紹介会社を立ち上げている方、立ち上げを考えている方向けの、HP作成のメリットデメリットについて解説している記事です。
事業立ち上げ
人材紹介会社の起業完全ガイド【2019年最新版】
人材紹介会社を設立するために必要な準備が、全て網羅されている記事です。人材紹介事業運営経験がない方でも、準備に必要なことを体系的に学ぶことができます。
事業立ち上げ
人材紹介会社の起業完全ガイド【2019年最新版】
人材紹介会社を設立するために必要な準備が、全て網羅されている記事です。人材紹介事業運営経験がない方でも、準備に必要なことを体系的に学ぶことができます。
事業立ち上げ
人材紹介事業の立ち上げにおすすめ!【2019年セミナー情報まとめ】
人材紹介事業を収益化させるためのノウハウ情報は、どのように収集すれば良いのでしょうか。なかなか情報が流通していない人材紹介事業ですが、ノウハウ情報を把握しているか否かで事業成功可否は大きく変わります。本記事は、人材紹介に特化したノウハウセミナー情報を、特徴や費用とともにまとめている記事です。
事業立ち上げ
人材紹介事業の立ち上げにおすすめ!【2019年セミナー情報まとめ】
人材紹介事業を収益化させるためのノウハウ情報は、どのように収集すれば良いのでしょうか。なかなか情報が流通していない人材紹介事業ですが、ノウハウ情報を把握しているか否かで事業成功可否は大きく変わります。本記事は、人材紹介に特化したノウハウセミナー情報を、特徴や費用とともにまとめている記事です。
事業立ち上げ
人材紹介免許申請時の財産要件をクリアできる資金集めとは
人材紹介事業を運営するためには、厚生労働省からの許認可が必要です。そこには財産要件があり、会社を登記する際の資本金集めにも注意が必要なのです。本記事では、資金集めの注意ポイントについて解説しています。
事業立ち上げ
人材紹介免許申請時の財産要件をクリアできる資金集めとは
人材紹介事業を運営するためには、厚生労働省からの許認可が必要です。そこには財産要件があり、会社を登記する際の資本金集めにも注意が必要なのです。本記事では、資金集めの注意ポイントについて解説しています。
事業立ち上げ
人材紹介立ち上げ時に必須!自社の強みはこう考える
人材紹介事業において、「自社の強み」を言語化することはとても重要です。本記事では、事業立ち上げフェーズの事業者の方々向けに、自社の強みを言語化する方法を解説しています。
事業立ち上げ
人材紹介立ち上げ時に必須!自社の強みはこう考える
人材紹介事業において、「自社の強み」を言語化することはとても重要です。本記事では、事業立ち上げフェーズの事業者の方々向けに、自社の強みを言語化する方法を解説しています。