人材紹介会社の収益を拡大するメディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
事業立ち上げ
事業立ち上げ

紹介事業立ち上げ時に考えるべきポジショニング戦略とは

2018/09/04
人材紹介事業においては、ポジショニング戦略がとても重要です。商品を持たない事業モデルだからこそ、各ステークホルダーに対して「なぜ自社が選ばれるのか」という理由を言語化できている必要があります。本記事では、そんなポジショニング戦略について解説しています。

これから紹介事業を立ち上げようとしている皆様、ポジショニング戦略の設計はお済みでしょうか。全国で約2万社と、日本のコンビニの数ほどの競合がひしめく人材紹介市場の中で、ポジショニング戦略がないまま戦うことは無謀と言っても過言ではありません。

顧客と求職者の双方に自社独自の価値提供をし続けた結果、双方から選ばれ続ける人材紹介事業者にならなければ、この群雄割拠の戦国時代に生き残っていくことは大変難しいのです。左右どちらをみても対人ビジネスである人材紹介事業は、事業上の数値の因数分解ではシンプルで簡単に見えるかもしれませんが、そんなに甘い事業ではありません。

本記事では、紹介事業立ち上げ前の方々、もしくは紹介事業立ち上げ中の事業者の方々に向けて、紹介事業に必須と言っても過言ではない「ポジショニング戦略」について解説していきます。

 

ポジショニング戦略とは?

ポジショニング戦略とは

ポジショニング戦略については、下記の定義がもっともわかりやすいので、引用します。(グロービス・マネジメント・スクール|MBA用語集より引用)

ポジショニングとは、ターゲット顧客の頭の中に、自社製品について独自のポジションを築き、ユニークな差別化イメージを植えつけるための活動。顧客に自社製品のユニークな価値を認めてもらうことで、競合製品に対して優位に立つことを目的にしている。

これをもっとも簡略化すると、競合他社との差別化戦略のことを指しているといえます。しかし、人材紹介には商品がないマッチングビジネスであり、それぞれからの見方によっては、それぞれが商品となり得ます。これは、双方にとって差別化ポイントが必要になることを指しており、双方が密接に繋がっている人材紹介事業だからこそ、ポジショニング戦略が重要なのです。

つまり、どのような層の求職者を集客し、どのような層の求人情報を開拓するのかを、自社の特徴や強みを考慮した上で、設計する必要があるのです。

 

 

どのようにポジショニング戦略を設計するべきか?

どのようにポジショニング戦略を設計すべきか

ポジショニング戦略を設計するには、下記3点を考慮して設計する必要があります。

  1. 自社の特徴や強み
  2. 競合他社の現状と今後の変化
  3. 転職市場(求職者や採用企業)の現状と今後の変化

まずは、何より自社の特徴や強みを理解する必要があります。人材紹介事業の場合は、特化する業界や領域を決める際に、創業メンバーが在籍していた業界や職種に特化する場合が多いです。なぜなら、経験してきた領域に特化することで、知識が豊富なだけでなく、その領域の転職者ならではのニーズも容易に理解することができるからです。それ以外にも、オフィスを構える場所、創業者の理念や想い、そしてストーリーなどを考慮して、ターゲット領域を決めていく事業者が多いです。

続いては、競合他社の現状と今後の変化を分析する必要があります。いくら自社が強みを持っている領域だとしても、競合他社がひしめいていたり、大手などの強豪揃いの領域では、立ち上げたばかりの事業者がそこで独自のボジションを築くことは決して容易ではないからです。現状を分析した上で、今後その領域に参入してくる事業者がどれくらいありそうかという未来も予測した上で、設計するようにしましょう。

最後に、転職市場の現状や今後の変化も分析する必要があります。そもそも転職する人が多い業界なのか、その業界からどのような転職軸で、どのような企業に転職する人が多いのかという求職者のニーズも加味した上でのポジショニング戦略が必要です。そしてこの転職市場の流れは時代によって大きく変化します。この変化も予測した上で、自社がどの領域にポジションをとっていくべきなのかを設計していくべきなのです。

 

設計するときに気をつけるべきこと

ポジショニング戦略の設計時に注意すべきこと

最後に戦略設計時に気をつけるべきことについてあげておきます。

まずは戦略設計時は、「細分化」が重要な要素です。自社のポジショニング戦略は、各フェーズにおいて機能するのかという検証が必要なのです。求職者サイドでいうと、求職者集客時、面談時、そして内定承諾時など、それぞれのフェーズで自社の差別化ポイントが機能するのか思考する必要があるということです。また求人企業サイドでも、同様に各フェーズで思考が必要になります。

そして最後に、そのポジショニングが、全体を見渡した時に違和感がないものになっているかもチェックする必要があります。とってつけたような、謳い文句や訴求ポイントは、求職者や求人企業に簡単に見抜かれてしまいます。一歩引いて見てみた時に、一本筋が通っているのかの確認も忘れずにするようにしましょう。

 

まとめ

多くの競合がひしめく人材紹介事業だからこそ、ポジショニング戦略はとても重要です。事前にこの戦略を設計できているのかで、事業収益化のスピードは大きく変わります。そして失敗をした時の改善や軌道修正のスピードも早くなります。

こちらの記事が、人材紹介事業立ち上げフェーズの事業者の方々の参考になりますと幸いです。

こちらも立ち上げ時の事業収益化スピードを大きく変える可能性がある記事です。合わせてご参照ください。


今すぐメルマガを登録する
人材紹介会社の非公開ノウハウ情報など随時配信中!
事業立ち上げ
事業立ち上げ
紹介会社がIT導入補助金で外部サービスを格安で使う方法
人材紹介事業でもIT導入補助金を利用し、格安で求人データベースサービスなどの外部サービスを利用できることをご存知でしょうか。本記事では、紹介会社様向けにIT導入補助金について解説している記事です。
事業立ち上げ
紹介会社がIT導入補助金で外部サービスを格安で使う方法
人材紹介事業でもIT導入補助金を利用し、格安で求人データベースサービスなどの外部サービスを利用できることをご存知でしょうか。本記事では、紹介会社様向けにIT導入補助金について解説している記事です。
事業立ち上げ
人材紹介で年商1000万円に必要な行動量を分解してみた
人材紹介事業を立ち上げる際に、具体的な行動量までイメージができていますか?本記事では、各フェーズでの業界平均値を元に、必要な行動量と数値推移を可視化しています。これから紹介事業を運営する方々は必見です。
事業立ち上げ
人材紹介で年商1000万円に必要な行動量を分解してみた
人材紹介事業を立ち上げる際に、具体的な行動量までイメージができていますか?本記事では、各フェーズでの業界平均値を元に、必要な行動量と数値推移を可視化しています。これから紹介事業を運営する方々は必見です。
コラム
小規模エージェントが大手人材紹介会社と対等に戦う方法
小規模エージェントは大手企業とどのように戦っていけば良いのでしょうか。本記事では、大手企業との違いをあげた上で、対等に戦っていくための方法について解説している記事です。
コラム
小規模エージェントが大手人材紹介会社と対等に戦う方法
小規模エージェントは大手企業とどのように戦っていけば良いのでしょうか。本記事では、大手企業との違いをあげた上で、対等に戦っていくための方法について解説している記事です。
事業立ち上げ
人材紹介会社の起業時に会社HPは必要なのか
人材紹介会社の立ち上げ時に、会社HPは必要なのでしょうか。人材紹介会社を立ち上げている方、立ち上げを考えている方向けの、HP作成のメリットデメリットについて解説している記事です。
事業立ち上げ
人材紹介会社の起業時に会社HPは必要なのか
人材紹介会社の立ち上げ時に、会社HPは必要なのでしょうか。人材紹介会社を立ち上げている方、立ち上げを考えている方向けの、HP作成のメリットデメリットについて解説している記事です。
事業立ち上げ
人材紹介会社の起業完全ガイド【2018年最新版】
人材紹介会社を設立するために必要な準備が、全て網羅されている記事です。人材紹介事業運営経験がない方でも、準備に必要なことを体系的に学ぶことができます。
事業立ち上げ
人材紹介会社の起業完全ガイド【2018年最新版】
人材紹介会社を設立するために必要な準備が、全て網羅されている記事です。人材紹介事業運営経験がない方でも、準備に必要なことを体系的に学ぶことができます。
事業立ち上げ
人材紹介事業の立ち上げにおすすめ!【最新セミナー情報まとめ】
人材紹介事業を収益化させるためのノウハウ情報は、どのように収集すれば良いのでしょうか。本記事は、人材紹介に特化したノウハウセミナー情報を、特徴や費用とともにまとめている記事です。
事業立ち上げ
人材紹介事業の立ち上げにおすすめ!【最新セミナー情報まとめ】
人材紹介事業を収益化させるためのノウハウ情報は、どのように収集すれば良いのでしょうか。本記事は、人材紹介に特化したノウハウセミナー情報を、特徴や費用とともにまとめている記事です。
事業立ち上げ
人材紹介免許申請時の財産要件をクリアできる資金集めとは
人材紹介事業を運営するためには、厚生労働省からの許認可が必要です。そこには財産要件があり、会社を登記する際の資本金集めにも注意が必要なのです。本記事では、資金集めの注意ポイントについて解説しています。
事業立ち上げ
人材紹介免許申請時の財産要件をクリアできる資金集めとは
人材紹介事業を運営するためには、厚生労働省からの許認可が必要です。そこには財産要件があり、会社を登記する際の資本金集めにも注意が必要なのです。本記事では、資金集めの注意ポイントについて解説しています。
事業立ち上げ
人材紹介立ち上げ時に必須!自社の強みはこう考える
人材紹介事業において、「自社の強み」を言語化することはとても重要です。本記事では、事業立ち上げフェーズの事業者の方々向けに、自社の強みを言語化する方法を解説しています。
事業立ち上げ
人材紹介立ち上げ時に必須!自社の強みはこう考える
人材紹介事業において、「自社の強み」を言語化することはとても重要です。本記事では、事業立ち上げフェーズの事業者の方々向けに、自社の強みを言語化する方法を解説しています。
事業立ち上げ
人材紹介事業立ち上げ前の5つのチェックリスト
人材紹介事業でスムーズな収益化を実現するためには、準備がとても重要です。本記事では、立ち上げフェーズの事業者の方々向けに、人材紹介事業の立ち上げ時にチェックすべき5つのことについてまとめています。
事業立ち上げ
人材紹介事業立ち上げ前の5つのチェックリスト
人材紹介事業でスムーズな収益化を実現するためには、準備がとても重要です。本記事では、立ち上げフェーズの事業者の方々向けに、人材紹介事業の立ち上げ時にチェックすべき5つのことについてまとめています。
事業立ち上げ
紹介事業立ち上げ時に考えるべきポジショニング戦略とは
人材紹介事業においては、ポジショニング戦略がとても重要です。商品を持たない事業モデルだからこそ、各ステークホルダーに対して「なぜ自社が選ばれるのか」という理由を言語化できている必要があります。本記事では、そんなポジショニング戦略について解説しています。
事業立ち上げ
紹介事業立ち上げ時に考えるべきポジショニング戦略とは
人材紹介事業においては、ポジショニング戦略がとても重要です。商品を持たない事業モデルだからこそ、各ステークホルダーに対して「なぜ自社が選ばれるのか」という理由を言語化できている必要があります。本記事では、そんなポジショニング戦略について解説しています。
今すぐメルマガを登録する
人材紹介会社の非公開ノウハウ情報など随時配信中!