人材紹介会社の収益を拡大するメディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
事業立ち上げ
事業立ち上げ

人材紹介免許申請時の財産要件をクリアできる資金集めとは

2018/09/13
    人材紹介事業を運営するためには、厚生労働省からの許認可が必要です。そこには財産要件があり、会社を登記する際の資本金集めにも注意が必要なのです。本記事では、資金集めの注意ポイントについて解説しています。

    これから人材紹介免許の取得を検討されている企業様、財産要件はクリアされていますか?

    有料職業紹介の許認可取得には、財産要件があり、それを満たしていないと人材紹介事業を開始するのに必要な免許申請ができません。

    本記事は、これから人材紹介の免許申請しようとしている方々向けに、資金集めの注意点について、解説していきます。

     

    免許取得に必要な資本要件

    免許取得に必要な資本要件

    人材紹介の免許取得には、資産総額から負債を引いた額が500万円を超えている必要があります。それだけでなく、事業資金が現預金で150万円以上が必要です。

    とはいえ、とにかく資本金が500万円あればクリアできるという訳ではありません。現預金の中に借り入れなどの「負債」があれば、上記公式に当てはめマイナスされるからです。「負債」の存在を注視する必要があり、現預金が500万円あったとしても「負債」では意味がないのです。ではどのような資金であれば、問題ないのでしょうか。

     

    要件をクリアできる資金の集め方

    要件をクリアできる資金の集め方

    最も確実な方法は、自己資金で始める方法です。しかし、準備に時間がかかりすぎてしまうため、転職市場のような変化が速い市場では不安が残ります。

    まずやるべきは、売掛金や無形資産も含めた、会社の資産を洗い出し、現時点で条件をクリアしていないかチェックすることです。しかし、それでもクリアしていない場合には、外部から資金を調達する必要があります。

    そこで、できるだけスピーディーに事業を始める方法として多い方法が、エクイティファイナンスと言われる新株等を発行し、増資によって資金を調達する方法です。スタートアップで、この方法を用いている会社はたくさんあります。この資金は返済の必要がないので、「負債」とは分類されず、500万円全てをエクイティファイナンスで調達していた場合も、免許取得のための要件をクリアすることができます。

    そして、最後の方法は個人として借り入れを行う方法です。法人として借り入れを行う場合は「負債」に分類されるので、あくまで個人としてという部分がポイントです。つまり、銀行借り入れなどの金額は、免許取得のおいては一切プラスの要素になりません。あくまで金融機関や知人から、個人として借り入れたお金を会社の資本として増資する場合のみ、条件をクリアできるので、注意しましょう。

     

    クリアできない資金調達方法

    クリアできない資金調達方法

    前章でも記載しましたが、銀行借り入れであるデットファイナンスは、「負債」に分類されます。創業期には、国の政策金融公庫から借り入れをする事業者が多いのですが、人材紹介免許が交付されてから手続きを開始する方が無難です。

    とはいえ、キャッシュが入ってくるまでのリードタイムが長い人材紹介事業を運営する限りは、創業期のお金を借りやすいうちに借りておきたいという経営者が多いとは思います。銀行借り入れを考えている方は、免許申請のタイミングとの兼ね合いを考えて手続きをしましょう。

     

    まとめ

    職業紹介免許のの資産集めは、大きな悩みの種でしょう。人材紹介事業を運営することがわかっている場合には、会社の「総資産」の金額と、「負債」の金額のバランスに注意しながら、資金の準備をするようにしましょう。

    ※追記
    どのタイミングでBSをチェックするのかという部分が重要なポイントになります。創業タイミングでは、創業期の資本金が見られます。

    <資産要件はどのタイミングのBSで見るか>
    1.直前期の年度決算資料に基づく
    2.1期目が完了していない場合は創業時のBSに基づく
    3.期中での月次決算資料を用いたい場合には税理士による監査証明が必要

    まだ創業していない場合には、創業時の資本金が判断基準で、既に創業している場合には直近の決算が判断基準となりますので、資本金が500万円あればクリアできます。

     

    事業開始前のタイミングでは、如何に戦略設計に割く時間を最大化するかとても重要になってきます。免許申請の業務の時間を最大限効率化し、本質的な事業準備に時間を費やしていくようにしましょう。特に免許申請書類の作成には、法律の調査などに莫大な時間を要してしまう作業です。代行会社に申請を依頼してしまうと15万円ほどの費用もかかってしまうので、ぜひ下記のようなツールを有効活用してみてください。

    ▼完全無料で使える免許申請書類作成ツールは、こちら
    レッツ人材紹介

    今すぐメルマガを登録する
    人材紹介会社の非公開ノウハウ情報など随時配信中!
    事業立ち上げ
    事業立ち上げ
    【2018年最新版】人材紹介の管理ツール選定のポイント!各ツール比較も
    人材紹介の事業運営において重要なツールである「業務管理ツール」。本記事では、管理ツールの導入検討やサービス比較をしたい方々向けに、「管理ツールとは?」という部分から導入のメリットデメリット、そして各サービス比較について書いている記事です。
    事業立ち上げ
    【2018年最新版】人材紹介の管理ツール選定のポイント!各ツール比較も
    人材紹介の事業運営において重要なツールである「業務管理ツール」。本記事では、管理ツールの導入検討やサービス比較をしたい方々向けに、「管理ツールとは?」という部分から導入のメリットデメリット、そして各サービス比較について書いている記事です。
    事業立ち上げ
    紹介会社がIT導入補助金で外部サービスを格安で使う方法
    人材紹介事業でもIT導入補助金を利用し、格安で求人データベースサービスなどの外部サービスを利用できることをご存知でしょうか。本記事では、紹介会社様向けにIT導入補助金について解説している記事です。
    事業立ち上げ
    紹介会社がIT導入補助金で外部サービスを格安で使う方法
    人材紹介事業でもIT導入補助金を利用し、格安で求人データベースサービスなどの外部サービスを利用できることをご存知でしょうか。本記事では、紹介会社様向けにIT導入補助金について解説している記事です。
    事業立ち上げ
    人材紹介で年商1000万円に必要な行動量を分解してみた
    人材紹介事業を立ち上げる際に、具体的な行動量までイメージができていますか?本記事では、各フェーズでの業界平均値を元に、必要な行動量と数値推移を可視化しています。これから紹介事業を運営する方々は必見です。
    事業立ち上げ
    人材紹介で年商1000万円に必要な行動量を分解してみた
    人材紹介事業を立ち上げる際に、具体的な行動量までイメージができていますか?本記事では、各フェーズでの業界平均値を元に、必要な行動量と数値推移を可視化しています。これから紹介事業を運営する方々は必見です。
    コラム
    小規模エージェントが大手人材紹介会社と対等に戦う方法
    小規模エージェントは大手企業とどのように戦っていけば良いのでしょうか。本記事では、大手企業との違いをあげた上で、対等に戦っていくための方法について解説している記事です。
    コラム
    小規模エージェントが大手人材紹介会社と対等に戦う方法
    小規模エージェントは大手企業とどのように戦っていけば良いのでしょうか。本記事では、大手企業との違いをあげた上で、対等に戦っていくための方法について解説している記事です。
    事業立ち上げ
    人材紹介会社の起業時に会社HPは必要なのか
    人材紹介会社の立ち上げ時に、会社HPは必要なのでしょうか。人材紹介会社を立ち上げている方、立ち上げを考えている方向けの、HP作成のメリットデメリットについて解説している記事です。
    事業立ち上げ
    人材紹介会社の起業時に会社HPは必要なのか
    人材紹介会社の立ち上げ時に、会社HPは必要なのでしょうか。人材紹介会社を立ち上げている方、立ち上げを考えている方向けの、HP作成のメリットデメリットについて解説している記事です。
    事業立ち上げ
    人材紹介会社の起業完全ガイド【2018年最新版】
    人材紹介会社を設立するために必要な準備が、全て網羅されている記事です。人材紹介事業運営経験がない方でも、準備に必要なことを体系的に学ぶことができます。
    事業立ち上げ
    人材紹介会社の起業完全ガイド【2018年最新版】
    人材紹介会社を設立するために必要な準備が、全て網羅されている記事です。人材紹介事業運営経験がない方でも、準備に必要なことを体系的に学ぶことができます。
    事業立ち上げ
    人材紹介事業の立ち上げにおすすめ!【2018年セミナー情報まとめ】
    人材紹介事業を収益化させるためのノウハウ情報は、どのように収集すれば良いのでしょうか。なかなか情報が流通していない人材紹介事業ですが、ノウハウ情報を把握しているか否かで事業成功可否は大きく変わります。本記事は、人材紹介に特化したノウハウセミナー情報を、特徴や費用とともにまとめている記事です。
    事業立ち上げ
    人材紹介事業の立ち上げにおすすめ!【2018年セミナー情報まとめ】
    人材紹介事業を収益化させるためのノウハウ情報は、どのように収集すれば良いのでしょうか。なかなか情報が流通していない人材紹介事業ですが、ノウハウ情報を把握しているか否かで事業成功可否は大きく変わります。本記事は、人材紹介に特化したノウハウセミナー情報を、特徴や費用とともにまとめている記事です。
    事業立ち上げ
    人材紹介免許申請時の財産要件をクリアできる資金集めとは
    人材紹介事業を運営するためには、厚生労働省からの許認可が必要です。そこには財産要件があり、会社を登記する際の資本金集めにも注意が必要なのです。本記事では、資金集めの注意ポイントについて解説しています。
    事業立ち上げ
    人材紹介免許申請時の財産要件をクリアできる資金集めとは
    人材紹介事業を運営するためには、厚生労働省からの許認可が必要です。そこには財産要件があり、会社を登記する際の資本金集めにも注意が必要なのです。本記事では、資金集めの注意ポイントについて解説しています。
    事業立ち上げ
    人材紹介立ち上げ時に必須!自社の強みはこう考える
    人材紹介事業において、「自社の強み」を言語化することはとても重要です。本記事では、事業立ち上げフェーズの事業者の方々向けに、自社の強みを言語化する方法を解説しています。
    事業立ち上げ
    人材紹介立ち上げ時に必須!自社の強みはこう考える
    人材紹介事業において、「自社の強み」を言語化することはとても重要です。本記事では、事業立ち上げフェーズの事業者の方々向けに、自社の強みを言語化する方法を解説しています。
    事業立ち上げ
    人材紹介事業立ち上げ前の5つのチェックリスト
    人材紹介事業でスムーズな収益化を実現するためには、準備がとても重要です。本記事では、立ち上げフェーズの事業者の方々向けに、人材紹介事業の立ち上げ時にチェックすべき5つのことについてまとめています。
    事業立ち上げ
    人材紹介事業立ち上げ前の5つのチェックリスト
    人材紹介事業でスムーズな収益化を実現するためには、準備がとても重要です。本記事では、立ち上げフェーズの事業者の方々向けに、人材紹介事業の立ち上げ時にチェックすべき5つのことについてまとめています。