人材紹介会社の収益を拡大するメディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
事業戦略
事業戦略

【最新版】人材紹介事業のオフィス選定で抑えておくべきポイント

2018/04/01
人材紹介の許認可取得時するのに、必要なオフィスの要件について解説しています。2017年の4月からオフィス要件緩和されており、そちらの最新の情報を掲載しています。

人材紹介事業において、オフィスの選定は事業成功において、重要な意味を持つ意思決定です。

また職業安定法にて事業運営をする上で、必要なオフィス要件が決まっており、把握せずにオフィスを契約してしまうと、無駄にオフィス移転コストがかかってしまうので、事前にオフィス要件の把握は必須です。

本記事では、人材紹介業を運営する上でのオフィス要件について、法律上の条件選定時の注意ポイントについて解説していきます。

 

法律で定められた条件

オフィスの要件として、法律により規定されていた条件は下記の通りです。(改訂前)

1)職業紹介を運営するにあたって適切な場所に存在すること(風俗業などのお店が周辺に存在)
2)名義が人材紹介業(有料職業紹介業)を始める名義と同じであること
3)20平米以上の面積を有していること
4)  求人者、求職者の個人的秘密を保持し得る構造であること
5)  求職者が、職業安定機関その他公的機関と誤認を生ずるものでないこと

こちらの規制により、オフィス予算を抑えたい人材紹介会社の多くが、創業時のオフィス選びに苦労していました。

  • オフィスビル以外に事務所利用が許可されている物件が少ないこと

  • 20平米以上の面積を有しているオフィスは、賃料が高いこと

具体的には上記の部分が、大きな障壁となっておりました。しかし、2017年5月の法律の改正により、面積の要件が撤廃され、許可基準におけるオフィス用件が大きく緩和されました。

 

要件緩和により変わったこと

変わったこと

今回の要件緩和は、創業してまもない人材紹介会社にとっては、すごく大きな意味のある緩和です。

20平米という面積の要件が撤廃されたことによって、レンタルオフィスのようなオフィスでの事業開始が可能になりました。これにより大きくコストを抑えることができ、求職者が面談に来やすい好立地のオフィスを低予算で選べるようになります。

しかし、面積要件が撤廃されたからといって、どんなオフィスでも許される訳ではありません。具体的には、下記の要件を満たしていれば問題ありません。

(1)職業紹介の適正な実施に必要な構造・設備(個室の設置、パーティション等での区分)を有すること。
(2)他の求職者又は求人者と同室にならずに対面の職業紹介を行うことができるような措置(予約制、貸部屋の確保等)を講ずること。

つまり、シェアオフィスであろうとも、面談スペースである会議室が区切らた空間(会議室)でかつ、予約制であれば問題がないと言えます。

さらに面談スペース以外の執務スペースにも注意が必要です。こちらは上記の日本経済新聞社の記事には明示されていませんが、厚生労働省需給調整課に問い合わせてみたところ、執務スペースにも求職者の個人情報などが守られる構造になっているかという点については、チェックしているようです。

面談スペースと執務スペース、それぞれ個人情報が守られる構造になっているのかという観点において、問題がないかチェックするようにしましょう。細かい条件において心配が残る場合には、オフィス契約前に図面などを持って、厚生労働省の需給調整課に相談するようにしましょう。

 

オフィス選定時のポイントについて

人材紹介 オフィス選定ポイント

上記のような法律の条件をクリアしていれば、求職者が積極的に面談に足を運びたくなるようなオフィスであるかという点に集中してオフィスを選びましょう。

例えば、「駅から15分離れている」「オフィスへの入り口がわかりづらい」「古く清潔感がない」このようなビルにオフィスを構える人材紹介会社には、求職者が信頼して転職相談をできないかもしれません。

そこで、下記のようなポイントに注意しながら、コストとのバランスをみてオフィスを選定するのがいいでしょう。

  • 駅のアクセスの良さ、駅からオフィスへの距離
  • オフィスの清潔感、安心感
  • 面談スペースのプライバシーの保護

こちらは事業上重要な数値(応募承諾率や内定数etc)に、少なからず影響を与える要素なので、オフィス家賃に大きな差がないのであれば、事業投資だと考え、納得のいくオフィスを選ぶことことをおすすめします。

 

オフィスの立地について

人材紹介オフィス立地

オフィスの立地は、集客難易度という観点でも重要な意味を持ちます。

例えば、金融業界の求職者をターゲットとする場合、金融業界の会社が多い丸の内周辺の方が求職者が集まりやすいということがいえます。また、ベンチャー系の求職者をターゲットする場合、渋谷発のベンチャー企業が多いエリアにオフィスを構える方が、集客が容易になる可能性は高いのです。

今後の戦略や集客ターゲット層を見越した上で、オフィスを選定するようにしましょう。

 

まとめ

今後も人材紹介事業所の数は増え続けていきます。

求職者から見た人材紹介会社の見え方というのは、今後の差別化戦略という点においても重要な要素になってきます。求職者から見れば、オフィスも重要なエージェント選定要素の1つであることを意識して、オフィスを選定するようにしましょう。

 

これから免許申請をされる方は、完全無料の「レッツ人材紹介」を試してみてください。申請要件を満たしているかの簡単診断、そして免許申請書類の作成も簡単にできます。詳細は下記バナーよりご確認くださいー!
レッツ人材紹介

今すぐメルマガを登録する
人材紹介会社の非公開ノウハウ情報など随時配信中!
事業戦略
コラム
AIの台頭によって人材紹介はどう変わるのか
2015年に野村総研が出したレポートには、20年以内に日本にある仕事の49%をAIが代替するという記述がありました。本記事では、人材紹介業にAIがどのような影響を与えるのかについて考察しています。
コラム
AIの台頭によって人材紹介はどう変わるのか
2015年に野村総研が出したレポートには、20年以内に日本にある仕事の49%をAIが代替するという記述がありました。本記事では、人材紹介業にAIがどのような影響を与えるのかについて考察しています。
事業戦略
時代の潮流に合った事業戦略が、成功の可否を分ける
成功を収めている人材紹介会社と苦労する人材紹介会社にはどのような違いがあるのでしょうか。多くの紹介事業者とディスカッションする中で見えた、これからの時代に紹介事業で成功するために必要な1つの仮説について書いている記事です。
事業戦略
時代の潮流に合った事業戦略が、成功の可否を分ける
成功を収めている人材紹介会社と苦労する人材紹介会社にはどのような違いがあるのでしょうか。多くの紹介事業者とディスカッションする中で見えた、これからの時代に紹介事業で成功するために必要な1つの仮説について書いている記事です。
事業戦略
「組織」から「個人」の時代へ。人材紹介で起きる3つの変化
人材紹介も大きく組織の時代から個人の時代へのシフトが起きています。本記事では、そのシフトの中で、人材紹介事業に起こる3つの変化について書いています。
事業戦略
「組織」から「個人」の時代へ。人材紹介で起きる3つの変化
人材紹介も大きく組織の時代から個人の時代へのシフトが起きています。本記事では、そのシフトの中で、人材紹介事業に起こる3つの変化について書いています。
事業戦略
2020年以降の人材紹介事業に起こる変化
日本にとって変化の年になるであろう2020年。人材紹介に起こる変化について書きました。人材の需給バランスの変化だけでなく、信用や評価の可視化による「選択の時代」などについて触れています。
事業戦略
2020年以降の人材紹介事業に起こる変化
日本にとって変化の年になるであろう2020年。人材紹介に起こる変化について書きました。人材の需給バランスの変化だけでなく、信用や評価の可視化による「選択の時代」などについて触れています。
ノウハウ
人材紹介事業で絶対に構築すべき改善サイクル3選
属人的なスキルに偏りがちな人材紹介事業だからこそ、改善の仕組みが構築されているかが、会社全体の売上に大きく関わってきます。本記事では、人材紹介事業で改善サイクルを回すべき3つのポイントについて解説しています。
ノウハウ
人材紹介事業で絶対に構築すべき改善サイクル3選
属人的なスキルに偏りがちな人材紹介事業だからこそ、改善の仕組みが構築されているかが、会社全体の売上に大きく関わってきます。本記事では、人材紹介事業で改善サイクルを回すべき3つのポイントについて解説しています。
事業戦略
人材紹介会社が求人案件を無闇に増やすべきでない3つの理由
今回は、人材紹介会社が事業立ち上げフェーズで、陥りやすい勘違いについて解説しています。これから立ち上げる事業者や立ち上げフェーズの事業者の方々はぜひ参考にしてみてください。
事業戦略
人材紹介会社が求人案件を無闇に増やすべきでない3つの理由
今回は、人材紹介会社が事業立ち上げフェーズで、陥りやすい勘違いについて解説しています。これから立ち上げる事業者や立ち上げフェーズの事業者の方々はぜひ参考にしてみてください。
事業戦略
人材紹介事業を始める際の戦略設計で抑えておくべきポイント3選
人材紹介事業者が増え続ける戦国時代だからこそ、事業開始前に戦略設計をしておくことはとても重要です。本記事では、人材関連事業が未経験の方でもわかるように、人材紹介事業を始める際に抑えておくべきポイントを解説しています。
事業戦略
人材紹介事業を始める際の戦略設計で抑えておくべきポイント3選
人材紹介事業者が増え続ける戦国時代だからこそ、事業開始前に戦略設計をしておくことはとても重要です。本記事では、人材関連事業が未経験の方でもわかるように、人材紹介事業を始める際に抑えておくべきポイントを解説しています。
事業戦略
法律改正により人材紹介会社の実績が丸裸に?実績で選ばれる時代の到来
2018年1月から施行された法律改正により、人材紹介事業者が報告しなければいけない情報が増えました。それに伴い、求職者や求人企業がweb上で取得できる情報も増えたので、この改正によって考えられる未来について本記事にて解説しています。
事業戦略
法律改正により人材紹介会社の実績が丸裸に?実績で選ばれる時代の到来
2018年1月から施行された法律改正により、人材紹介事業者が報告しなければいけない情報が増えました。それに伴い、求職者や求人企業がweb上で取得できる情報も増えたので、この改正によって考えられる未来について本記事にて解説しています。
事業戦略
小規模人材紹介事業者は、求職者を大切にしたほうが儲かる理由
人材紹介事業者の競争率は高まり続ける中で、どのように他社と差別化すべきかという議論が盛り上がっています。そんな議論の最中に、小規模人材紹介会社は求職者に時間をかけることが最大の差別化戦略になると考えている理由について書きました。
事業戦略
小規模人材紹介事業者は、求職者を大切にしたほうが儲かる理由
人材紹介事業者の競争率は高まり続ける中で、どのように他社と差別化すべきかという議論が盛り上がっています。そんな議論の最中に、小規模人材紹介会社は求職者に時間をかけることが最大の差別化戦略になると考えている理由について書きました。
事業戦略
【最新版】人材紹介事業のオフィス選定で抑えておくべきポイント
人材紹介の許認可取得時するのに、必要なオフィスの要件について解説しています。2017年の4月からオフィス要件緩和されており、そちらの最新の情報を掲載しています。
事業戦略
【最新版】人材紹介事業のオフィス選定で抑えておくべきポイント
人材紹介の許認可取得時するのに、必要なオフィスの要件について解説しています。2017年の4月からオフィス要件緩和されており、そちらの最新の情報を掲載しています。
今すぐメルマガを登録する
人材紹介会社の非公開ノウハウ情報など随時配信中!