人材紹介会社の収益を拡大するメディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
事業戦略
事業戦略

「組織」から「個人」の時代へ。人材紹介で起きる3つの変化

2018/06/19
人材紹介も大きく組織の時代から個人の時代へのシフトが起きています。本記事では、そのシフトの中で、人材紹介事業に起こる3つの変化について書いています。

先日、人材紹介の2020年以降の未来についての記事を公開したところ、とても大きな反響がありました。やはり、今後どのように業界が変化していくのか、多くの紹介事業者が興味を持っており、今から準備できることはしておきたいという方も多いのかもしれません。

そんな中で特に大きな反響があったのが、「組織」から「個人」の時代に移行していく中で、紹介事業にとって、どのような変化が起きるのかという部分でした。本記事では、前回の記事から更に一歩踏み込み、組織から個人の時代への移行の中で、どのような変化が起きるのかという部分を深掘りしていきたいと思います。

 

「会社」対「人」という転職する際の構図が変わる

人材紹介 個人の時代へ

「組織」から「個人」へという大きな流れは、コンサルタント自身に起こる変化だけではありません。求職者自体の価値観にも、「組織」から「個人」という大きな価値観のシフトは起きています。

今までは、「会社」選びという前提の中で、転職の軸を決めていましたが、その転職軸にも大きな変化が訪れるはずです。「個人」の価値観に紐づいた転職軸が増えるだけでなく、組織のビジョンやミッションなどの軸ではなく、その組織に在籍する個人(ロールモデル)に惹かれての転職が、増加してくるかもしれません。つまり、今までの「組織」と「個人」という転職時の構図が、「個人」と「個人」の構図に変化していくのです。

そのような変化が起きた時に、今までと同じようなキャリアに対する価値観の中で、キャリアコンサルティングをしていては、転職マーケットから取り残されていくかもしれません。各時代の個人の価値観の変容に合わせた、キャリアコンサルティングをできるエージェントが生き残っていくはずです。

 

支援できる領域が狭まっていく

組織 個人

今まではキャリアにある程度の「型」が存在しており、キャリアコンサルタントはその型を学んでいれば、幅広い候補者をサポートすることができていました。しかし、これからは今まで以上に個人の価値観が色濃くキャリア観に反映されていき、そのコンサルタントがどのような価値観で、どのような人生を歩んで来たかという部分を、求職者が重要視するようになってくるはずです。

つまり、今までのようにレールが敷かれたキャリアがなくなっていき、キャリア支援がより複雑化していく可能性があるのです。これにより、今まで以上に狭く領域特化をしてキャリア支援をするエージェントが増加する可能性があります。そしてその領域の特化の分類軸も、業界や職種ではなく、今までと全く違った価値観などの定性的な分類軸になってくるでしょう。

 

個人に相談する時代へ

キャリア 個人

最後は、求職者がエージェントを選定するために「会社」から「個人」で選ぶようになっていくという変化について深掘りしていきます。

まず、人材紹介会社で働く個人に起きる一番大きな変化は、今後は「会社への信頼」や「求人案件の価値」ではなく、「個人の価値」で集客しなければいけなくなるという事実です。あなたのキャリアに対する考え方や価値観、そして今での経験で、”あなた自身に相談がしたい求職者”をどれだけ集められるかという競争がやってきます。その変化の中で集客ツールにも変化が起きるでしょう。スカウトメールや求人掲載サービスから、SNSやブログなどの、より個人について深く知ることができるツールに移行していきます。このような変化の中で、キャリアコンサルタントにできることは、発信する力をつけ、エージェントとしてのセルブランディングを強化していくことかもしれません。

そして、経営者にも上記の変化は大きな影響を及ぼします。労働集客型のビジネスモデルである人材紹介事業では、売上を拡大していくためには優秀な人材を多く抱えることが必要でした。しかし、上記のように個人に求職者が集まるようになると、優秀なエージェントは組織に所蔵するメリットがなくなっていきます。また、厚生労働省による免許取得の要件緩和も更に進んでいき、今まで以上に個人が紹介事業を開始しやすい世の中がやってくるかもしれません。そうなると、経営者の自社の社員に向けた提供価値はこれから試行錯誤を続けなければいけません。

 

まとめ

このような変化が起きている中、東京では毎月100件近くの紹介事業者の新規免許取得があります。その中で、どのように差別化をはかっていくのかという差別化ポイントは、組織に依存する問題というよりも、これからは個人に依存する問題に変化してきています。

今から準備できることは変化に対応できるように、準備しておきたいものですね。ぜひ共感したら、下記ボタンよりシェアお願いします。

▼前回の記事はこちら

今すぐメルマガを登録する
人材紹介会社の非公開ノウハウ情報など随時配信中!
事業戦略
コラム
AIの台頭によって人材紹介はどう変わるのか
2015年に野村総研が出したレポートには、20年以内に日本にある仕事の49%をAIが代替するという記述がありました。本記事では、人材紹介業にAIがどのような影響を与えるのかについて考察しています。
コラム
AIの台頭によって人材紹介はどう変わるのか
2015年に野村総研が出したレポートには、20年以内に日本にある仕事の49%をAIが代替するという記述がありました。本記事では、人材紹介業にAIがどのような影響を与えるのかについて考察しています。
事業戦略
時代の潮流に合った事業戦略が、成功の可否を分ける
成功を収めている人材紹介会社と苦労する人材紹介会社にはどのような違いがあるのでしょうか。多くの紹介事業者とディスカッションする中で見えた、これからの時代に紹介事業で成功するために必要な1つの仮説について書いている記事です。
事業戦略
時代の潮流に合った事業戦略が、成功の可否を分ける
成功を収めている人材紹介会社と苦労する人材紹介会社にはどのような違いがあるのでしょうか。多くの紹介事業者とディスカッションする中で見えた、これからの時代に紹介事業で成功するために必要な1つの仮説について書いている記事です。
事業戦略
「組織」から「個人」の時代へ。人材紹介で起きる3つの変化
人材紹介も大きく組織の時代から個人の時代へのシフトが起きています。本記事では、そのシフトの中で、人材紹介事業に起こる3つの変化について書いています。
事業戦略
「組織」から「個人」の時代へ。人材紹介で起きる3つの変化
人材紹介も大きく組織の時代から個人の時代へのシフトが起きています。本記事では、そのシフトの中で、人材紹介事業に起こる3つの変化について書いています。
事業戦略
2020年以降の人材紹介事業に起こる変化
日本にとって変化の年になるであろう2020年。人材紹介に起こる変化について書きました。人材の需給バランスの変化だけでなく、信用や評価の可視化による「選択の時代」などについて触れています。
事業戦略
2020年以降の人材紹介事業に起こる変化
日本にとって変化の年になるであろう2020年。人材紹介に起こる変化について書きました。人材の需給バランスの変化だけでなく、信用や評価の可視化による「選択の時代」などについて触れています。
ノウハウ
人材紹介事業で絶対に構築すべき改善サイクル3選
属人的なスキルに偏りがちな人材紹介事業だからこそ、改善の仕組みが構築されているかが、会社全体の売上に大きく関わってきます。本記事では、人材紹介事業で改善サイクルを回すべき3つのポイントについて解説しています。
ノウハウ
人材紹介事業で絶対に構築すべき改善サイクル3選
属人的なスキルに偏りがちな人材紹介事業だからこそ、改善の仕組みが構築されているかが、会社全体の売上に大きく関わってきます。本記事では、人材紹介事業で改善サイクルを回すべき3つのポイントについて解説しています。
事業戦略
人材紹介会社が求人案件を無闇に増やすべきでない3つの理由
今回は、人材紹介会社が事業立ち上げフェーズで、陥りやすい勘違いについて解説しています。これから立ち上げる事業者や立ち上げフェーズの事業者の方々はぜひ参考にしてみてください。
事業戦略
人材紹介会社が求人案件を無闇に増やすべきでない3つの理由
今回は、人材紹介会社が事業立ち上げフェーズで、陥りやすい勘違いについて解説しています。これから立ち上げる事業者や立ち上げフェーズの事業者の方々はぜひ参考にしてみてください。
事業戦略
人材紹介事業を始める際の戦略設計で抑えておくべきポイント3選
人材紹介事業者が増え続ける戦国時代だからこそ、事業開始前に戦略設計をしておくことはとても重要です。本記事では、人材関連事業が未経験の方でもわかるように、人材紹介事業を始める際に抑えておくべきポイントを解説しています。
事業戦略
人材紹介事業を始める際の戦略設計で抑えておくべきポイント3選
人材紹介事業者が増え続ける戦国時代だからこそ、事業開始前に戦略設計をしておくことはとても重要です。本記事では、人材関連事業が未経験の方でもわかるように、人材紹介事業を始める際に抑えておくべきポイントを解説しています。
事業戦略
法律改正により人材紹介会社の実績が丸裸に?実績で選ばれる時代の到来
2018年1月から施行された法律改正により、人材紹介事業者が報告しなければいけない情報が増えました。それに伴い、求職者や求人企業がweb上で取得できる情報も増えたので、この改正によって考えられる未来について本記事にて解説しています。
事業戦略
法律改正により人材紹介会社の実績が丸裸に?実績で選ばれる時代の到来
2018年1月から施行された法律改正により、人材紹介事業者が報告しなければいけない情報が増えました。それに伴い、求職者や求人企業がweb上で取得できる情報も増えたので、この改正によって考えられる未来について本記事にて解説しています。
事業戦略
小規模人材紹介事業者は、求職者を大切にしたほうが儲かる理由
人材紹介事業者の競争率は高まり続ける中で、どのように他社と差別化すべきかという議論が盛り上がっています。そんな議論の最中に、小規模人材紹介会社は求職者に時間をかけることが最大の差別化戦略になると考えている理由について書きました。
事業戦略
小規模人材紹介事業者は、求職者を大切にしたほうが儲かる理由
人材紹介事業者の競争率は高まり続ける中で、どのように他社と差別化すべきかという議論が盛り上がっています。そんな議論の最中に、小規模人材紹介会社は求職者に時間をかけることが最大の差別化戦略になると考えている理由について書きました。
事業戦略
【最新版】人材紹介事業のオフィス選定で抑えておくべきポイント
人材紹介の許認可取得時するのに、必要なオフィスの要件について解説しています。2017年の4月からオフィス要件緩和されており、そちらの最新の情報を掲載しています。
事業戦略
【最新版】人材紹介事業のオフィス選定で抑えておくべきポイント
人材紹介の許認可取得時するのに、必要なオフィスの要件について解説しています。2017年の4月からオフィス要件緩和されており、そちらの最新の情報を掲載しています。
今すぐメルマガを登録する
人材紹介会社の非公開ノウハウ情報など随時配信中!