人材紹介会社の収益を拡大するメディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
事業戦略
事業戦略

時代の潮流に合った事業戦略が、成功の可否を分ける

2018/06/26
成功を収めている人材紹介会社と苦労する人材紹介会社にはどのような違いがあるのでしょうか。多くの紹介事業者とディスカッションする中で見えた、これからの時代に紹介事業で成功するために必要な1つの仮説について書いている記事です。

「なかなか求職者が集まらない」「集まっても入社まで導くことができない」
このようなお悩みを抱えている紹介事業者の方々は多いのではないでしょうか。

一方で、上記のような悩みを全く抱えずに、高い生産性を保ち、成功を収めている紹介事業者も多くあります。その成功している事業者と課題を抱える事業者との差は、一体何なのでしょうか。

本記事では、様々な事業者と意見を交換する中で、「時代の潮流に合った事業戦略が、成功の可否を分ける」という仮説を立てた理由について書いています。

 

時代の潮流に合ったターゲット設定が集客コストを下げる

集客コスト 新しい時代

まず1つ目の理由が、時代の潮流に合った求職者のターゲット設定ができれば、他社エージェントとの競合性が低くなり、集客コストや離脱率が下がるというものです。

ここにおける時代の潮流とは何を指すのかという部分ですが、転職マーケットにおける人材の流れです。この流れが時代によって変化する理由には、求職者の価値観の変化業界の盛衰など、複数の要素があります。極端な例をあげると、一昔前に人気だった銀行から転職を希望する人は少なく、ターゲットを銀行と設定していても、集客には苦労していたはずです。しかし現在では、逆に銀行からの求職者が増えてきており、銀行に特化した転職エージェントも出てきています。

こういった時代の変化を正確に捉えて、これから人が動き出す業界にて、独自のポジションを築くことができれば、集客の難易度は格段に下がります。つまり、今まで競合エージェントがターゲットに設定していなかった求職者層を狙っていくことで、集客コスト、そして離脱率の低下が期待できるのです。

 

 

時代の潮流に合った求人提案が離脱率を下げる

求人提案 人材紹介

2つ目の理由が、時代の潮流に合った求人提案ができるかによって、求職者の離脱率や内定率に大きな影響を及ぼすというものです。

集客ターゲットを適切に設定できたとしても、時代の潮流を理解して求人を提案していなければ、的外れの提案をしてしまうことで信頼を失い、求職者の離脱に繋がってしまいます。上記の例としては、一昔前の価値観から「銀行出身者は安定志向が多いから、次も安定した会社の求人を紹介しよう」と考えるエージェントも少なくなく、会社で保有する求人案件も金融系の安定した求人を多く保有しているケースも多かったでしょう。

しかし、今では銀行の将来を心配し、年収を下げてでも、フィンテック系のベンチャー企業への転職を希望する求職者が増えてきています。つまり、ここで時代の潮流にあった求人(フィンテック系ベンチャーetc)を保有し、相手のニーズによって適切な提案ができるかどうかが重要です。この潮流を理解し、他社が保有していない求人を提案することができれば、他社との差別化になるだけでなく、求人企業の採用ニーズともマッチする可能性も高く、内定率の向上も見込めます。

 

時代の潮流に乗ることで独自のポジションを取れる

独自ポジション 人材紹介

3つ目の理由が、上記2つのように時代の潮流に乗ることで、独自のポジションを築くことができるというものです。

人材紹介事業者は、東京だけでも毎月100件近く増加をし続けており、ポジションの奪い合いが続いています。また、領域を特化する事業者が多く、既存の領域では既に長年をかけてポジションをとり、ブランディングを築き上げてきた事業者が多く存在しています。そのような状況の中で、独自のポジションを築き上げることは至難の技です。

そんな中、新規の中小事業者が独自のポジションを築くためには、新しい領域で勝負していくことが必要です。長年かけてポジションを築いてきた会社は、今のポジションを捨て、新しい領域に参入していくハードルが高く、新しい領域にチャンスがあるといえます。独自のポジションを築くことができれば、集客コストも下がり、他社と競合する機会も減るので、離脱率の低下も見込めるでしょう。

 

まとめ

 

中小人材紹介事業者こそ、時代の潮流を読み、新しい領域で勝負することが、紹介事業での成功の可否を分けていきます。これからは今まで以上に目まぐるしく時代が変化していき、転職マーケットにも大きな変化が度々起こっていくことが予想されます。

紹介事業者にとっては、柔軟に自身のポジションをとっていけるかが大きな違いを生み出していくでしょう。大規模紹介事業者が有利な時代は終わっていき、より柔軟にそしてスピーディーに変化していける事業者こそが、求職者と求人企業の双方に価値を提供していける時代がすぐそこにやってきています。

 

▼紹介事業に起こる時代の変化について書いた記事はこちら

今すぐメルマガを登録する
人材紹介会社の非公開ノウハウ情報など随時配信中!
事業戦略
コラム
AIの台頭によって人材紹介はどう変わるのか
2015年に野村総研が出したレポートには、20年以内に日本にある仕事の49%をAIが代替するという記述がありました。本記事では、人材紹介業にAIがどのような影響を与えるのかについて考察しています。
コラム
AIの台頭によって人材紹介はどう変わるのか
2015年に野村総研が出したレポートには、20年以内に日本にある仕事の49%をAIが代替するという記述がありました。本記事では、人材紹介業にAIがどのような影響を与えるのかについて考察しています。
事業戦略
時代の潮流に合った事業戦略が、成功の可否を分ける
成功を収めている人材紹介会社と苦労する人材紹介会社にはどのような違いがあるのでしょうか。多くの紹介事業者とディスカッションする中で見えた、これからの時代に紹介事業で成功するために必要な1つの仮説について書いている記事です。
事業戦略
時代の潮流に合った事業戦略が、成功の可否を分ける
成功を収めている人材紹介会社と苦労する人材紹介会社にはどのような違いがあるのでしょうか。多くの紹介事業者とディスカッションする中で見えた、これからの時代に紹介事業で成功するために必要な1つの仮説について書いている記事です。
事業戦略
「組織」から「個人」の時代へ。人材紹介で起きる3つの変化
人材紹介も大きく組織の時代から個人の時代へのシフトが起きています。本記事では、そのシフトの中で、人材紹介事業に起こる3つの変化について書いています。
事業戦略
「組織」から「個人」の時代へ。人材紹介で起きる3つの変化
人材紹介も大きく組織の時代から個人の時代へのシフトが起きています。本記事では、そのシフトの中で、人材紹介事業に起こる3つの変化について書いています。
事業戦略
2020年以降の人材紹介事業に起こる変化
日本にとって変化の年になるであろう2020年。人材紹介に起こる変化について書きました。人材の需給バランスの変化だけでなく、信用や評価の可視化による「選択の時代」などについて触れています。
事業戦略
2020年以降の人材紹介事業に起こる変化
日本にとって変化の年になるであろう2020年。人材紹介に起こる変化について書きました。人材の需給バランスの変化だけでなく、信用や評価の可視化による「選択の時代」などについて触れています。
ノウハウ
人材紹介事業で絶対に構築すべき改善サイクル3選
属人的なスキルに偏りがちな人材紹介事業だからこそ、改善の仕組みが構築されているかが、会社全体の売上に大きく関わってきます。本記事では、人材紹介事業で改善サイクルを回すべき3つのポイントについて解説しています。
ノウハウ
人材紹介事業で絶対に構築すべき改善サイクル3選
属人的なスキルに偏りがちな人材紹介事業だからこそ、改善の仕組みが構築されているかが、会社全体の売上に大きく関わってきます。本記事では、人材紹介事業で改善サイクルを回すべき3つのポイントについて解説しています。
事業戦略
人材紹介会社が求人案件を無闇に増やすべきでない3つの理由
今回は、人材紹介会社が事業立ち上げフェーズで、陥りやすい勘違いについて解説しています。これから立ち上げる事業者や立ち上げフェーズの事業者の方々はぜひ参考にしてみてください。
事業戦略
人材紹介会社が求人案件を無闇に増やすべきでない3つの理由
今回は、人材紹介会社が事業立ち上げフェーズで、陥りやすい勘違いについて解説しています。これから立ち上げる事業者や立ち上げフェーズの事業者の方々はぜひ参考にしてみてください。
事業戦略
人材紹介事業を始める際の戦略設計で抑えておくべきポイント3選
人材紹介事業者が増え続ける戦国時代だからこそ、事業開始前に戦略設計をしておくことはとても重要です。本記事では、人材関連事業が未経験の方でもわかるように、人材紹介事業を始める際に抑えておくべきポイントを解説しています。
事業戦略
人材紹介事業を始める際の戦略設計で抑えておくべきポイント3選
人材紹介事業者が増え続ける戦国時代だからこそ、事業開始前に戦略設計をしておくことはとても重要です。本記事では、人材関連事業が未経験の方でもわかるように、人材紹介事業を始める際に抑えておくべきポイントを解説しています。
事業戦略
法律改正により人材紹介会社の実績が丸裸に?実績で選ばれる時代の到来
2018年1月から施行された法律改正により、人材紹介事業者が報告しなければいけない情報が増えました。それに伴い、求職者や求人企業がweb上で取得できる情報も増えたので、この改正によって考えられる未来について本記事にて解説しています。
事業戦略
法律改正により人材紹介会社の実績が丸裸に?実績で選ばれる時代の到来
2018年1月から施行された法律改正により、人材紹介事業者が報告しなければいけない情報が増えました。それに伴い、求職者や求人企業がweb上で取得できる情報も増えたので、この改正によって考えられる未来について本記事にて解説しています。
事業戦略
小規模人材紹介事業者は、求職者を大切にしたほうが儲かる理由
人材紹介事業者の競争率は高まり続ける中で、どのように他社と差別化すべきかという議論が盛り上がっています。そんな議論の最中に、小規模人材紹介会社は求職者に時間をかけることが最大の差別化戦略になると考えている理由について書きました。
事業戦略
小規模人材紹介事業者は、求職者を大切にしたほうが儲かる理由
人材紹介事業者の競争率は高まり続ける中で、どのように他社と差別化すべきかという議論が盛り上がっています。そんな議論の最中に、小規模人材紹介会社は求職者に時間をかけることが最大の差別化戦略になると考えている理由について書きました。
事業戦略
【最新版】人材紹介事業のオフィス選定で抑えておくべきポイント
人材紹介の許認可取得時するのに、必要なオフィスの要件について解説しています。2017年の4月からオフィス要件緩和されており、そちらの最新の情報を掲載しています。
事業戦略
【最新版】人材紹介事業のオフィス選定で抑えておくべきポイント
人材紹介の許認可取得時するのに、必要なオフィスの要件について解説しています。2017年の4月からオフィス要件緩和されており、そちらの最新の情報を掲載しています。
今すぐメルマガを登録する
人材紹介会社の非公開ノウハウ情報など随時配信中!