人材紹介会社の収益を拡大するメディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ノウハウ
ノウハウ

【最新版】求職者の集客に苦戦していませんか?人材紹介の求職者集客方法まとめ

2018/05/10
超売り手市場の中、求職者集客で苦労している人材紹介事業者も多いのではないでしょうか。本記事では、そんな事業者の方々にとって、新しい集客ルートの参考になりますよう、最新の集客事例をまとめています。

売り手市場に人材紹介会社の乱立が重なり、求職者の集客に困っている人材紹介事業者の方々も多いのではないでしょうか?

しかし、求職者集客に困っている会社ほど、一つの集客方法にこだわり、集客チャネルの新規検証をせずに、レッドオーシャンで疲弊しているケースが多いという事実があります。

本記事では、集客に課題がある人材紹介事業者向けに、求職者の集客方法をまとめています。ぜひこの記事を機に、新しい集客方法にチャレンジしてみてください。

 

王道だけどレッドオーシャン!スカウトメールでの集客

人材紹介の集客方法 スカウトメール

小規模人材紹介会社で最も利用されている求職者集客方法は、転職者データベースに対するスカウトメールです。

転職サイトに登録した会員に向けてスカウトメールを打つものと、エージェントを探している登録者に向けてスカウトメールを打つものの、2通りがあります。

前者は、データベースの量が豊富なので、エージェントとのバッティングが少ないことはメリットです。しかしデメリットとして、ダイレクトリクルーティングとのバッティング、人材エージェントという概念を知らない登録者へのリーチが挙げられ、返信率は後者に比べて劣ります。

後者は、エージェントに相談したい層しかいない分、返信確率は高まります。しかし、あくまでエージェントに相談したいと考えている層にしかリーチできないため、ターゲットの量や求職者の質が、前者に比べて劣ってしまう可能性があることがデメリットといえます。

また料金は、月額料金(10-20万円)+成功報酬(30-40%)に設定しているサービスが多いです。原価がほとんどかからない人材紹介事業ですが、スカウトサービスを利用するか否かで利益率に大きな差が出てしまうのも事実です。とはいえ、現状集客リソースが0の企業でも、最も確実に面談数を担保できるという点で、サービスを利用している企業が多いのでしょう。

しかし、決して容易に集客できるサービスではありません。多くの人材紹介会社が利用しており、求職者は平均50通ほどのスカウトメールを毎日受け取っていると言われています。スカウトメールを利用しても、多くの人材紹介会社の中から選ばれ続けるポジショニング戦略が必要になってくるのです。

▼ポジショニング戦略についての参考記事はこちら


 

費用はかかるが効率的!求人サイトへの掲載による集客

人材紹介の集客 求人掲載

続いて、求人サイトへの掲載による集客です。求人掲載サービスに掲載費用を支払い、求人を掲載すれば、あとは応募を待つだけで良いというのが特徴です。しかし、掲載課金で費用がかかるサービスが多いので、応募あたりの単価をどれだけ抑えることができるのかは、掲載してみるまで分からないという観点では、ある程度のコスト掛け捨てのリスクを取る必要があります。

しかし、一度求人掲載による集客の勝ち筋を見つけてしまえば、低コストで安定的な集客を見込むことができる方法といえますので、試してみる価値がある方法かもしれません。リスクを取れるのか、安定的に集客できる魅力的な求人を持っているかが、求人掲載サービス利用において、重要なポイントになってくるでしょう。

 

難易度が高くブルーオーシャン?自社でLPを作って集客

人材紹介集客方法 自社LP

ここまでは外部サービスを利用した集客でしたが、ここからは自社での集客です。こちらは、チャレンジしている企業が少なく、数が限られたデータベースに対してアプローチしていく手法ではないという点では、他社とのバッティングがほぼない集客方法といえます。まさに、ブルーオーシャンです。

LP(ランディングページ)とは、エージェントの実績や転職相談への実績やメリットとともに、転職相談申し込みへの導線を用意したweb上のページのことです。ただページを作成するだけでなく、LPに訪れた人が「相談する」というアクションを行うのかという、CVR(コンバージョンレート)を高めていく改善を継続的に繰り返していく必要があります。

そして、LPへの訪問数を増加させるための施策として、広告があります。広告にもさまざなば種類があるので、詳細は割愛しますが、SNSやリスティング広告などが代表的です。もちろん集客したいターゲットによって、適切な広告チャネルや訴求内容が変わってきますので、こちらも同時に地道な仮説検証を繰り返す必要があります。

しかし、改善を繰り返し勝ち筋さえ見つけることができれば、他社サービス利用時に比べて圧倒的に安いコストで、他社バッティングをしていない求職者を、安定的に集客ができる魅力的な手法といえるでしょう。

 

検索からの流入を増やす?オウンドメディア集客

人材紹介 集客方法 オウンドメディア

こちらも自社で集客する方法です。何かを調べている時、Googleで検索したことはありますよね?こちらの方法では、Googleでの検索という行動を利用して集客します。SEO対策と言われているものです。集客したいターゲットが検索しそうなキーワードを狙って記事を書き、転職相談への導線を作っていきます。

例えば、営業職をターゲットにしていた場合、「高収入 営業求人」と検索する人は一定数いるはずです。そこから自社のメディアに誘導し、面談に繋げていく手法です。

上記の広告よりも、自然に自社を認知してもらえるメリットに加えて、広告費用がかからない点も魅力的です。自社で作ってしまえば、無料で集客し続けることも不可能ではありません。ここでは細かいSEOのノウハウには触れませんが、一度作った記事が継続的に検索からの流入を作り、集客の手助けをしてくれるので、とても効率的な方法です。

 

コスパ、質ともに最高の集客方法!顧客紹介による集客

人材紹介 集客方法 顧客紹介

求職者の満足度を最大限に高めることで、知り合いを紹介してもらう。もちろん簡単なことではありませんが、こちらの事例でうまくいっている人材紹介会社は実在しています。集客費用は0円、利益率も圧倒的な高さを誇っています。

とにかく求職者への価値提供にフォーカスし、満足度を最大限に高めることで、自然と知り合いが転職したいと言った時に紹介してもらうという流れです。こちらの手法は、下記インタビューが分かりやすいので、ぜひ参考にしてみてください。

▼顧客紹介のみで集客がうまくいっている事業者インタビュー


 

まだまだ未開拓!?その他集客方法

その他集客方法

実は他にもたくさんの求職者集客方法があるのですが、先入観が邪魔をし、チャレンジしてみたことがない企業も多いのではないでしょうか。

例えば、下記インタビューの事業者は、Facebookなどを活用した集客をしていますし、他にもIndeedを活用した集客など、効果は出るのに試されていないチャネルが多くあります。

▼Facebookを活用して集客をしている事業者インタビュー


他にもシナジーがある企業と提携を結ぶなどの工夫をして、独自ルートを確立し、ブルーオーシャンで集客をし続けている人材紹介会社が多くあるのが事実です。

 

まとめ

本当に求職者の集客には様々な方法があります。しかし、ほとんどの紹介会社がスカウトサービスを利用し、レッドオーシャンのマーケットで集客争いをしているような現状です。

他の手法を地道に試してきた企業は、独自のノウハウを積み上げ、圧倒的に低コストで優秀な求職者を安定的に集客しているのが事実なのです

また魅力的な求人を保有していなければ、求職者を集める難易度が上がることも事実です。立ち上げ時期は求人案件が少ないばかりに集客に苦労しているケースも散見されます。そこで立ち上げ時期は求人データベースサービスを使う会社が増加しています。豊富な求人をスカウトサービスにも使うことができるからです。

1000求人以上の豊富な求人を集客にも使うことができるのは、SARDINEです。

▼正式リリース5ヶ月で導入100社突破
SARDINE サービスページ

今すぐメルマガを登録する
人材紹介会社の非公開ノウハウ情報など随時配信中!
ノウハウ
ノウハウ
【人事はエージェントのココを見ている】推薦〜内定獲得編
好評だった【人事はエージェントのココを見ている】の第2弾です。今回は推薦〜内定獲得編です!人事視点で業務を見つめ直すことにより、内定獲得率を上げていくための記事です。
ノウハウ
【人事はエージェントのココを見ている】推薦〜内定獲得編
好評だった【人事はエージェントのココを見ている】の第2弾です。今回は推薦〜内定獲得編です!人事視点で業務を見つめ直すことにより、内定獲得率を上げていくための記事です。
ノウハウ
新人エージェントが網羅的な面談をするために必要なたった1つの考え方
求職者面談に関するノウハウはWeb上などに公開情報として流通していないことから、新人エージェントの方やその上司の方々は、面談の精度向上に苦労している方々も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな方々にオススメの面談精度向上を助けるたった一つの考え方について解説しています。
ノウハウ
新人エージェントが網羅的な面談をするために必要なたった1つの考え方
求職者面談に関するノウハウはWeb上などに公開情報として流通していないことから、新人エージェントの方やその上司の方々は、面談の精度向上に苦労している方々も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな方々にオススメの面談精度向上を助けるたった一つの考え方について解説しています。
インタビュー
【ベテランエージェントに学ぶVol.3】本質的な強みの引き出し方
活躍しているベテランエージェントに、隠すことなくノウハウを話していただく企画の第3弾です。今回は「求職者からの強みの引き出し方」というテーマで、株式会社morichの塩谷さんに面談ノウハウについて伺ってきました。
インタビュー
【ベテランエージェントに学ぶVol.3】本質的な強みの引き出し方
活躍しているベテランエージェントに、隠すことなくノウハウを話していただく企画の第3弾です。今回は「求職者からの強みの引き出し方」というテーマで、株式会社morichの塩谷さんに面談ノウハウについて伺ってきました。
ノウハウ
1次選考通過率が5割超えも狙える!選考書類を作り込むべき3つの理由
選考書類を作り込むことで書類選考通過率5割を超えを達成しているエージェントがいくつか存在します。今回は選考書類を作り込むべき3つの理由について、解説しています。
ノウハウ
1次選考通過率が5割超えも狙える!選考書類を作り込むべき3つの理由
選考書類を作り込むことで書類選考通過率5割を超えを達成しているエージェントがいくつか存在します。今回は選考書類を作り込むべき3つの理由について、解説しています。
ノウハウ
新人エージェントが求人紹介時に抑えておくべき3つのこと
新人エージェントが抑えておくべきポイントを紹介する企画の第1弾です。今回は求人紹介時に抑えておくべきポイント3つを紹介しています。
ノウハウ
新人エージェントが求人紹介時に抑えておくべき3つのこと
新人エージェントが抑えておくべきポイントを紹介する企画の第1弾です。今回は求人紹介時に抑えておくべきポイント3つを紹介しています。
インタビュー
【ベテランエージェントに学ぶVol.2】応募承諾数よりも追うべきもの
活躍しているベテランエージェントに、隠すことなくノウハウを話していただく企画の第2弾です。今回は「応募承諾」というテーマで、株式会社morichの塩谷さんに面談ノウハウについて伺ってきました。
インタビュー
【ベテランエージェントに学ぶVol.2】応募承諾数よりも追うべきもの
活躍しているベテランエージェントに、隠すことなくノウハウを話していただく企画の第2弾です。今回は「応募承諾」というテーマで、株式会社morichの塩谷さんに面談ノウハウについて伺ってきました。
ノウハウ
面談設定前の離脱率を低下させるために実施すべき3つのこと
人材紹介事業では、いかに求職者の離脱率を低下させるのかという課題は、売上を最大をするために重要な意味を持ちます。本記事では、離脱率低下のために実施すべき3つの施策について解説しています。
ノウハウ
面談設定前の離脱率を低下させるために実施すべき3つのこと
人材紹介事業では、いかに求職者の離脱率を低下させるのかという課題は、売上を最大をするために重要な意味を持ちます。本記事では、離脱率低下のために実施すべき3つの施策について解説しています。
ノウハウ
人材紹介事業で絶対に構築すべき改善サイクル3選
属人的なスキルに偏りがちな人材紹介事業だからこそ、改善の仕組みが構築されているかが、会社全体の売上に大きく関わってきます。本記事では、人材紹介事業で改善サイクルを回すべき3つのポイントについて解説しています。
ノウハウ
人材紹介事業で絶対に構築すべき改善サイクル3選
属人的なスキルに偏りがちな人材紹介事業だからこそ、改善の仕組みが構築されているかが、会社全体の売上に大きく関わってきます。本記事では、人材紹介事業で改善サイクルを回すべき3つのポイントについて解説しています。
ノウハウ
求人開拓の際に抑えるべき「ドーナツ理論」という考え方とは
人材紹介会社が求人開拓をする際に、意識すべき考え方にはどのようなものがあるのでしょうか。本記事では、一部の紹介会社で根付いている「ドーナツ理論」について解説しています。
ノウハウ
求人開拓の際に抑えるべき「ドーナツ理論」という考え方とは
人材紹介会社が求人開拓をする際に、意識すべき考え方にはどのようなものがあるのでしょうか。本記事では、一部の紹介会社で根付いている「ドーナツ理論」について解説しています。
ノウハウ
人材紹介会社がリファラル集客を機能させるために必要なこと
求職者集客に困っている紹介事業者が多い中、リファラル集客に注目が集まっています。本記事では、そんなリファラル集客について解説しています。
ノウハウ
人材紹介会社がリファラル集客を機能させるために必要なこと
求職者集客に困っている紹介事業者が多い中、リファラル集客に注目が集まっています。本記事では、そんなリファラル集客について解説しています。