人材紹介会社の収益を拡大するメディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
事業立ち上げ
事業立ち上げ

人材紹介事業立ち上げ前の5つのチェックリスト

2018/09/06
人材紹介事業でスムーズな収益化を実現するためには、準備がとても重要です。本記事では、立ち上げフェーズの事業者の方々向けに、人材紹介事業の立ち上げ時にチェックすべき5つのことについてまとめています。

これから人材紹介事業を立ち上げようとされている皆様、事業立ち上げに必要な準備は整っていますか?金額的な初期投資が少ない事業とはいえ、事前の準備がないまま、収益化ができるほど甘いビジネスではありません。

しかし、事業の全体像を把握しないことには、抜け漏れなく準備をすることはとても難しいという現実があります。本記事では、これから人材紹介事業を立ち上げる方々向けに、事業をスムーズに立ち上げるために、事前にチェックしておくべき5つのことをまとめています。

 

免許申請手続きを完了させる

免許申請手続き

当たり前のことですが、有料職業紹介事業を運営するには、厚生労働省による許認可(免許取得) が必須です。許認可がないまま、事業を運営することは、職業安定法に引っかかる違法行為ですので、絶対にやめましょう。

また、免許取得には申請手続が完了してから2~3ヶ月の期間を要するので、早めに手続きを終わらせておくようにしましょう。どのように手続きをするべきなのかは、下記記事を参照いただくと分かりやすいです。

▼免許申請についての詳細記事はこちら

 

自社の強みを言語化する

自社の強みの言語化

人材紹介事業は、競合がひしめくレッドオーシャンな市場と言っても過言ではありません。現状でも全国で2万社の事業者がおり、東京だけでも毎月120社もの会社が新規で免許を取得しています。そんなマーケットの中で、求職者、そして求人企業から選ばれ続けなければ、事業としての成功はあり得ません。

創業者の経歴が強みになることもあれば、専門知識が強みになることもあります。それだけでなく、「求職者に徹底的に寄り添う」というようなスタンスや想いが強みになることもあります。求職者の価値観や転職市場が大きく変化している昨今では、何が強みなるのかは一概には言えません。

なぜ人材紹介事業を運営しようと思ったのかという部分に立ち返るところからはじめ、他社に比べて、USP(ユニークストロングポイント)となる部分を言語化することから始めましょう。

 

ポジショニング戦略を策定する

ポジショニング戦略を明確に

強みを言語化するだけではいけません。その強みを活かして、あなたの会社が業界内でどのようなポジショニングを取っていくのかという部分を意識的に定める必要があります。そうしなければ、他社との差別化ができず「求職者集客」と「求人開拓」をいう事業数値上の母集団となる部分から、大コケする可能性があります。

これには、採用市況のリサーチが必要になるだけでなく、求職者の価値観の変化などの転職事情も理解する必要があります。逆にいうと、独自のポジションを築くことができれば、圧倒的に優位に、そして余裕を持って事業を進めていくことができます。

ここまで決めることができれば、求職者ターゲット、そして求人開拓のターゲットも、自然と決めることができ、次にやるべきことが明確になります。詳細については、下記記事に書かれているので、後ほど合わせてご参照ください。

▼ポジショニング戦略についての詳細記事はこちら

 

求人開拓方法を決める

求人開拓方法を定める

求人開拓の方法もターゲットによって、無数の選択肢があります。営業、営業代行、知人紹介、そして求人データベースサービスの利用などが挙げられますが、これも戦略とターゲットが決まっていれば、開拓方法を選択すること自体は難しくありません。

しかし、ここを決めずに闇雲に営業活動を始めてしまうと、どんどん「事業上の負債」が蓄積されていきます。全ては事業を効率的に、そしてスピーディーに進めていくために、事前に求人開拓の方法、すなわち戦術についても考えておく必要があるのです。

こちらの事業上の負債となってしまう例も含めて、下記記事で解説しています。こちらも合わせてご参照ください。

▼求人開拓についての詳細記事はこちら

 

求職者集客方法を決める

求職者集客方法

もっとも苦労する事業者が多いのが、この求職者集客です。こちらも求人開拓同様に、闇雲にスカウトサービスを契約し、数を集めることからスタートしてもうまく行かないのが事実です。そして、業界内で正攻法とされている方法を真似するだけでも、決してうまくいきません。

戦略やターゲット選定などによって、最適な集客方法も変わってくるからです。だからこそ、事前に仮説を立てた上で、方法を決定し、一つ一つ改善と軌道修正を行っていく必要があるのです。

立ち上げ時に集客で注意すべきポイントを、下記記事で解説しています。こちらも合わせてご参照ください。

▼求職者集客についての詳細記事はこちら

 

まとめ

紹介事業の立ち上げ前には、最低限この5つを必ずチェックするようにしましょう。これをチェックして考えておけば確実にうまくいくわけではありませんが、全く考えていないケースと比較して、成功の確度は大きく変わるはずです。

立ち上げ前の事業者の方々は、こちらのインタビューもぜひ参考にしてみてください。

今すぐメルマガを登録する
人材紹介会社の非公開ノウハウ情報など随時配信中!
事業立ち上げ
事業立ち上げ
紹介会社がIT導入補助金で外部サービスを格安で使う方法
人材紹介事業でもIT導入補助金を利用し、格安で求人データベースサービスなどの外部サービスを利用できることをご存知でしょうか。本記事では、紹介会社様向けにIT導入補助金について解説している記事です。
事業立ち上げ
紹介会社がIT導入補助金で外部サービスを格安で使う方法
人材紹介事業でもIT導入補助金を利用し、格安で求人データベースサービスなどの外部サービスを利用できることをご存知でしょうか。本記事では、紹介会社様向けにIT導入補助金について解説している記事です。
事業立ち上げ
人材紹介で年商1000万円に必要な行動量を分解してみた
人材紹介事業を立ち上げる際に、具体的な行動量までイメージができていますか?本記事では、各フェーズでの業界平均値を元に、必要な行動量と数値推移を可視化しています。これから紹介事業を運営する方々は必見です。
事業立ち上げ
人材紹介で年商1000万円に必要な行動量を分解してみた
人材紹介事業を立ち上げる際に、具体的な行動量までイメージができていますか?本記事では、各フェーズでの業界平均値を元に、必要な行動量と数値推移を可視化しています。これから紹介事業を運営する方々は必見です。
コラム
小規模エージェントが大手人材紹介会社と対等に戦う方法
小規模エージェントは大手企業とどのように戦っていけば良いのでしょうか。本記事では、大手企業との違いをあげた上で、対等に戦っていくための方法について解説している記事です。
コラム
小規模エージェントが大手人材紹介会社と対等に戦う方法
小規模エージェントは大手企業とどのように戦っていけば良いのでしょうか。本記事では、大手企業との違いをあげた上で、対等に戦っていくための方法について解説している記事です。
事業立ち上げ
人材紹介会社の起業時に会社HPは必要なのか
人材紹介会社の立ち上げ時に、会社HPは必要なのでしょうか。人材紹介会社を立ち上げている方、立ち上げを考えている方向けの、HP作成のメリットデメリットについて解説している記事です。
事業立ち上げ
人材紹介会社の起業時に会社HPは必要なのか
人材紹介会社の立ち上げ時に、会社HPは必要なのでしょうか。人材紹介会社を立ち上げている方、立ち上げを考えている方向けの、HP作成のメリットデメリットについて解説している記事です。
事業立ち上げ
人材紹介会社の起業完全ガイド【2018年最新版】
人材紹介会社を設立するために必要な準備が、全て網羅されている記事です。人材紹介事業運営経験がない方でも、準備に必要なことを体系的に学ぶことができます。
事業立ち上げ
人材紹介会社の起業完全ガイド【2018年最新版】
人材紹介会社を設立するために必要な準備が、全て網羅されている記事です。人材紹介事業運営経験がない方でも、準備に必要なことを体系的に学ぶことができます。
事業立ち上げ
人材紹介事業の立ち上げにおすすめ!【最新セミナー情報まとめ】
人材紹介事業を収益化させるためのノウハウ情報は、どのように収集すれば良いのでしょうか。本記事は、人材紹介に特化したノウハウセミナー情報を、特徴や費用とともにまとめている記事です。
事業立ち上げ
人材紹介事業の立ち上げにおすすめ!【最新セミナー情報まとめ】
人材紹介事業を収益化させるためのノウハウ情報は、どのように収集すれば良いのでしょうか。本記事は、人材紹介に特化したノウハウセミナー情報を、特徴や費用とともにまとめている記事です。
事業立ち上げ
人材紹介免許申請時の財産要件をクリアできる資金集めとは
人材紹介事業を運営するためには、厚生労働省からの許認可が必要です。そこには財産要件があり、会社を登記する際の資本金集めにも注意が必要なのです。本記事では、資金集めの注意ポイントについて解説しています。
事業立ち上げ
人材紹介免許申請時の財産要件をクリアできる資金集めとは
人材紹介事業を運営するためには、厚生労働省からの許認可が必要です。そこには財産要件があり、会社を登記する際の資本金集めにも注意が必要なのです。本記事では、資金集めの注意ポイントについて解説しています。
事業立ち上げ
人材紹介立ち上げ時に必須!自社の強みはこう考える
人材紹介事業において、「自社の強み」を言語化することはとても重要です。本記事では、事業立ち上げフェーズの事業者の方々向けに、自社の強みを言語化する方法を解説しています。
事業立ち上げ
人材紹介立ち上げ時に必須!自社の強みはこう考える
人材紹介事業において、「自社の強み」を言語化することはとても重要です。本記事では、事業立ち上げフェーズの事業者の方々向けに、自社の強みを言語化する方法を解説しています。
事業立ち上げ
人材紹介事業立ち上げ前の5つのチェックリスト
人材紹介事業でスムーズな収益化を実現するためには、準備がとても重要です。本記事では、立ち上げフェーズの事業者の方々向けに、人材紹介事業の立ち上げ時にチェックすべき5つのことについてまとめています。
事業立ち上げ
人材紹介事業立ち上げ前の5つのチェックリスト
人材紹介事業でスムーズな収益化を実現するためには、準備がとても重要です。本記事では、立ち上げフェーズの事業者の方々向けに、人材紹介事業の立ち上げ時にチェックすべき5つのことについてまとめています。
事業立ち上げ
紹介事業立ち上げ時に考えるべきポジショニング戦略とは
人材紹介事業においては、ポジショニング戦略がとても重要です。商品を持たない事業モデルだからこそ、各ステークホルダーに対して「なぜ自社が選ばれるのか」という理由を言語化できている必要があります。本記事では、そんなポジショニング戦略について解説しています。
事業立ち上げ
紹介事業立ち上げ時に考えるべきポジショニング戦略とは
人材紹介事業においては、ポジショニング戦略がとても重要です。商品を持たない事業モデルだからこそ、各ステークホルダーに対して「なぜ自社が選ばれるのか」という理由を言語化できている必要があります。本記事では、そんなポジショニング戦略について解説しています。
今すぐメルマガを登録する
人材紹介会社の非公開ノウハウ情報など随時配信中!