人材紹介会社の収益を拡大するメディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
事業立ち上げ
事業立ち上げ

人材紹介会社の起業完全ガイド【2018年最新版】

2018/09/20
人材紹介会社を設立するために必要な準備が、全て網羅されている記事です。人材紹介事業運営経験がない方でも、準備に必要なことを体系的に学ぶことができます。

人材紹介会社を起業しようとしている皆様、起業の準備は整っていますか?

「準備をした方がいいのは分かっているけど、何をどのような順番で準備すれば良いのか分からない」そんな方も多いのではないでしょうか。未経験から人材紹介会社を起業する方が増えている昨今では、完全未経験からでもしっかり準備をしていれば、事業収益化を達成している会社がたくさんあります。

しかし準備を怠ってしまうと決して上手くいかないのが、人材紹介事業です。大手人材会社で圧倒的な成績を残していたキャリアアドバイザーの方ですら、準備を怠ってしまうと、うまく行かないケースもたくさんあります。

本記事では、人材紹介会社を起業する際に必要な準備を、時系列順でご紹介している「人材紹介会社の起業完全ガイド」です。これから人材紹介会社を起業しようとされている方々は、ぜひ参考にしてみてください。

 

会社設立準備

会社設立準備

 

資本金準備

人材紹介会社を起業する際に、まず最初に必要になる準備が、会社設立です。そして、会社を設立するのに必要なのが、この資本金の準備です。

人材紹介事業以外の事業を運営するのであれば、資本金はいくらに設定しても問題ありません。しかし、人材紹介事業は厚生労働省の許認可事業であり、国からの許可が必要な事業です。つまり、厚生労働省が規定する、財産要件をクリアする必要があるため、初期の資本金の金額や集め方に関する知識を学ぶ必要があります。

直近1年以内の決算に対して、財産要件をクリアしているかがポイントです。つまり、創業時は原則「負債」が増えようがありませんので、創業するタイミングであれば、資本金500万円かつそのうちの150万円以上が現金出資であれば要件はクリアできます。

 

オフィス準備

続いて必要な準備は、オフィスの契約です。

オフィス契約に関しても、資本金と同様に、厚生労働省が定める規約があります。つまり、どのようなオフィスを契約しても良いわけではありません。こちらに関しても、厚生労働省が定める条件を理解した上での選択が必要なのです。

しかし、オフィスに関する要件をクリアしていれば、どこを契約しても事業がうまくいくわけではありません。事業上優位性ともなり得るオフィス選定は、事業戦略と、ひも付いたオフィス選定が必要なのです。

▼オフィス選定に関する記事はこちら


 

許認可申請(免許取得)準備

許認可申請(免許取得)準備

会社の登記が終わったら、続いては免許取得の準備が必要です。
免許取得には申請から約2-3ヵ月がかかってしまうので、会社設立後は早めに準備を進めるようにしましょう。

▼免許申請の全体像把握はこちら


 

職業紹介責任者講習の受講

続いて、職業紹介責任者講習の受講が必要です。
これは許認可を取得するために、1事業所に1名以上の職業紹介責任者を任命する必要があり、責任者は受講が必須となるものです。

全国各地の4事業者によって講習が開催されているので、日程が合うものを予約して、早めに受講するようにしましょう。下記記事からも、各事業者の予約ページに飛ぶことができます。

▼職業紹介責任者講習に関する記事はこちら


 

免許申請書類の準備

講習を受講したあとは、免許申請書類を準備する必要があります。この作業には時間と根気が必要です。

人材紹介事業の起業前は、戦略設計に時間を割くべきであり、事務作業の時間はできるだけ削減すべきです。その削減方法としては、10万円ほどの申請代行業者を利用する方法と、弊社で開発した「レッツ人材紹介」という完全無料の免許申請書類作成ツールを使って、申請書類を作成する方法があります。

申請書類の準備ができれば、免許申請書類と合わせて、登記簿などの提出書類を準備し、窓口に提出しに行けば申請は完了です。申請要件をクリアしているかどうかのチェックや、申請に必要な書類の一覧チェックも、下記の無料ツールから確認することができますので、ぜひ合わせてご参照ください。

レッツ人材紹介

 

 

事業戦略設計

事業戦略設計

人材紹介事業の成功のおいては「事業戦略設計」がもっとも重要といっても過言ではありません。初期にどのような仮説を持って、どのような戦略を設計するのかが、事業収益化に大きな影響を及ぼします。

そこでまず考えるべきことは、自社にはどのような強みがあるのかという部分です。2万社以上の競合がもひしめく人材紹介事業においては、自社の強みを正確に把握しておくことはとても重要です。

▼強みの考え方についての記事はこちら


 

そして次に考えるべきは、自社のポジショニング戦略です。今後どのようなポジションを築いていけば、継続的に市場で勝ち続けることができるのかについては、変わりゆく転職市場の中で、常に思考し続ける必要があります。

▼ポジショニング戦略についての記事はこちら


 

ポジショニング戦略と同時に、自社はどのようなスタイルで人材紹介を行なって行くべきなのかについても思考する必要があります。人材紹介事業の立ち上げ経験が豊富な方にインタビューを実施しました。なぜ重要なのか、何を考えるべきなのかについて書いておりますので、合わせてご参照ください。

▼インタビュー記事はこちら


 

また、成功している人材紹介会社は、失敗事例から多くのことを学んでいます。よく起きる失敗事例をまとめた記事です、こちらも合わせてご参照ください。

▼立ち上げフェーズに起きる失敗はこちら


 

求職者集客の戦術設計

求職者集客の戦術設計

事業戦略が固まった際には、求職者集客の戦術を設計する必要があります。超売り手市場と言われている求職者集客は、多くの人材紹介会社が課題を持っているポイントです。しかし、知識と考え方さえ知っていれば、決して難しいことではありません。どのようなターゲットに対して、どのような自社の強みを訴求していくのかさえ決まっていれば、集客方法も自ずと決まってきます。

▼集客方法の全体像はこちら


 

また求職者集客に関しては、外部スカウトサービスを利用する人材紹介会社がほとんどです。その中でも戦略やターゲット層によって利用するべき媒体は180度変わってきます。合わせてこちらの記事もご参照ください。

▼外部集客サービスに関する記事はこちら


 

求人開拓の戦術設計

求人開拓の戦術設計

そして、求人開拓も念密な戦術設計が必要です。ここが最も「事業上の負債」を溜めてしまいやすい領域です。気付いた時には、活用できない求人案件を大量に保有しており、獲得にかかったコストだけでなく、決まらない求人のメンテナンス工数が掛かり続けているという勿体無い事例も少なくありません。まずは起きがちな失敗事例からご参照ください。

▼求人開拓での失敗事例に関する記事はこちら


 

前提の理解をすれば、どのようなターゲットの求人案件をどうやって集めてくるのかを事業戦略から設計していきます。最近では、求職者集客同様に、求職者集客や求職者接点の最大化のために、求人データベースサービスを利用している会社も増えてきています。

▼求人データベースサービスまとめ記事はこちら

事業改善

事業改善

最後に忘れてはならないのが、継続的な改善です。いくら良い戦略を設計したとしても、目まぐるしく変化が起きる転職市場では、継続的な改善なしで事業はうまくいきません。

下記記事では、継続的な改善サイクルを作るために、どのようなポイントについて思考しておけば良いのかをまとめています。

▼事業改善サイクルに関する記事はこちら


 

まとめ

こちらは人材紹介会社を起業する上で、最低限知っておかなければいけない知識をまとめたものです。情報量が多く、大変な準備に感じるかもしれませんが、成功パターンも確立されてきている事業モデルなので、しっかりと準備さえすれば、事業成功確度は大きく向上します。

ぜひこの機会に、こちらの記事を参考にして、起業準備を進めてみてください。

また人材紹介の立ち上げフェーズに特化してイベントも定期開催しておりますので、ぜひ積極的にご参加ください。

今すぐメルマガを登録する
人材紹介会社の非公開ノウハウ情報など随時配信中!
事業立ち上げ
事業立ち上げ
紹介会社がIT導入補助金で外部サービスを格安で使う方法
人材紹介事業でもIT導入補助金を利用し、格安で求人データベースサービスなどの外部サービスを利用できることをご存知でしょうか。本記事では、紹介会社様向けにIT導入補助金について解説している記事です。
事業立ち上げ
紹介会社がIT導入補助金で外部サービスを格安で使う方法
人材紹介事業でもIT導入補助金を利用し、格安で求人データベースサービスなどの外部サービスを利用できることをご存知でしょうか。本記事では、紹介会社様向けにIT導入補助金について解説している記事です。
事業立ち上げ
人材紹介で年商1000万円に必要な行動量を分解してみた
人材紹介事業を立ち上げる際に、具体的な行動量までイメージができていますか?本記事では、各フェーズでの業界平均値を元に、必要な行動量と数値推移を可視化しています。これから紹介事業を運営する方々は必見です。
事業立ち上げ
人材紹介で年商1000万円に必要な行動量を分解してみた
人材紹介事業を立ち上げる際に、具体的な行動量までイメージができていますか?本記事では、各フェーズでの業界平均値を元に、必要な行動量と数値推移を可視化しています。これから紹介事業を運営する方々は必見です。
コラム
小規模エージェントが大手人材紹介会社と対等に戦う方法
小規模エージェントは大手企業とどのように戦っていけば良いのでしょうか。本記事では、大手企業との違いをあげた上で、対等に戦っていくための方法について解説している記事です。
コラム
小規模エージェントが大手人材紹介会社と対等に戦う方法
小規模エージェントは大手企業とどのように戦っていけば良いのでしょうか。本記事では、大手企業との違いをあげた上で、対等に戦っていくための方法について解説している記事です。
事業立ち上げ
人材紹介会社の起業時に会社HPは必要なのか
人材紹介会社の立ち上げ時に、会社HPは必要なのでしょうか。人材紹介会社を立ち上げている方、立ち上げを考えている方向けの、HP作成のメリットデメリットについて解説している記事です。
事業立ち上げ
人材紹介会社の起業時に会社HPは必要なのか
人材紹介会社の立ち上げ時に、会社HPは必要なのでしょうか。人材紹介会社を立ち上げている方、立ち上げを考えている方向けの、HP作成のメリットデメリットについて解説している記事です。
事業立ち上げ
人材紹介会社の起業完全ガイド【2018年最新版】
人材紹介会社を設立するために必要な準備が、全て網羅されている記事です。人材紹介事業運営経験がない方でも、準備に必要なことを体系的に学ぶことができます。
事業立ち上げ
人材紹介会社の起業完全ガイド【2018年最新版】
人材紹介会社を設立するために必要な準備が、全て網羅されている記事です。人材紹介事業運営経験がない方でも、準備に必要なことを体系的に学ぶことができます。
事業立ち上げ
人材紹介事業の立ち上げにおすすめ!【最新セミナー情報まとめ】
人材紹介事業を収益化させるためのノウハウ情報は、どのように収集すれば良いのでしょうか。本記事は、人材紹介に特化したノウハウセミナー情報を、特徴や費用とともにまとめている記事です。
事業立ち上げ
人材紹介事業の立ち上げにおすすめ!【最新セミナー情報まとめ】
人材紹介事業を収益化させるためのノウハウ情報は、どのように収集すれば良いのでしょうか。本記事は、人材紹介に特化したノウハウセミナー情報を、特徴や費用とともにまとめている記事です。
事業立ち上げ
人材紹介免許申請時の財産要件をクリアできる資金集めとは
人材紹介事業を運営するためには、厚生労働省からの許認可が必要です。そこには財産要件があり、会社を登記する際の資本金集めにも注意が必要なのです。本記事では、資金集めの注意ポイントについて解説しています。
事業立ち上げ
人材紹介免許申請時の財産要件をクリアできる資金集めとは
人材紹介事業を運営するためには、厚生労働省からの許認可が必要です。そこには財産要件があり、会社を登記する際の資本金集めにも注意が必要なのです。本記事では、資金集めの注意ポイントについて解説しています。
事業立ち上げ
人材紹介立ち上げ時に必須!自社の強みはこう考える
人材紹介事業において、「自社の強み」を言語化することはとても重要です。本記事では、事業立ち上げフェーズの事業者の方々向けに、自社の強みを言語化する方法を解説しています。
事業立ち上げ
人材紹介立ち上げ時に必須!自社の強みはこう考える
人材紹介事業において、「自社の強み」を言語化することはとても重要です。本記事では、事業立ち上げフェーズの事業者の方々向けに、自社の強みを言語化する方法を解説しています。
事業立ち上げ
人材紹介事業立ち上げ前の5つのチェックリスト
人材紹介事業でスムーズな収益化を実現するためには、準備がとても重要です。本記事では、立ち上げフェーズの事業者の方々向けに、人材紹介事業の立ち上げ時にチェックすべき5つのことについてまとめています。
事業立ち上げ
人材紹介事業立ち上げ前の5つのチェックリスト
人材紹介事業でスムーズな収益化を実現するためには、準備がとても重要です。本記事では、立ち上げフェーズの事業者の方々向けに、人材紹介事業の立ち上げ時にチェックすべき5つのことについてまとめています。
事業立ち上げ
紹介事業立ち上げ時に考えるべきポジショニング戦略とは
人材紹介事業においては、ポジショニング戦略がとても重要です。商品を持たない事業モデルだからこそ、各ステークホルダーに対して「なぜ自社が選ばれるのか」という理由を言語化できている必要があります。本記事では、そんなポジショニング戦略について解説しています。
事業立ち上げ
紹介事業立ち上げ時に考えるべきポジショニング戦略とは
人材紹介事業においては、ポジショニング戦略がとても重要です。商品を持たない事業モデルだからこそ、各ステークホルダーに対して「なぜ自社が選ばれるのか」という理由を言語化できている必要があります。本記事では、そんなポジショニング戦略について解説しています。
今すぐメルマガを登録する
人材紹介会社の非公開ノウハウ情報など随時配信中!